« 非常持ち出し袋だけで良いの? | トップページ | 常時携行品3:ツールナイフ »

March 22, 2005

常時携行品2:ホイッスル

常時携行品の二つ目はホイッスルです。

もし被災し助けが必要な時、自分の存在を伝える事が生死に関わる問題です。
声の限り叫んでも、やがて力尽きるでしょう。

自分の存在をアピールするのに最適なのが、ホイッスルです。

P1000898私が使っているのはホイッスルEコールです。定価420円
裏に、名前、住所、連絡先、血液型が書き込めるようになっています。

ホイッスルは、多くの商品がありますが、少ない力でどれだけ大きな音を出せるかがポイントです。
その点、この商品はかなり優秀な部類に入ります。

 よく防災用品売り場で見かける、ホイッスルの筒の中にIDカードを入れられるタイプを以前は使っていましたが、あまり大きな音は出ませんでした。

 肺活量の少ない女性や老人の方は、良いホイッスルを使うべきだと思います。

私の知る範囲で最強のホイッスルを二つ紹介します。
1

 米ライフセーバ採用の2連ホイッスル。
独特な音質のホイッスルライフセーバー2連ホイッスル【防災用品・防災グッズ/笛】 115dbの音が出せます。車のクラクションが110dbだそうですから、その音の大きさは想像つくと思います。
 
 私も先日入手したのですが、耳元で鳴らしたら犯罪だと思う程大きな音です。


2)STORM WHISTLE
USN SEAL ALL WHEATHER WHISTLESTORM WHISTLE
米軍やダイバーなども使うホイッスルで、水中でも使えるのが特徴です。
ダイビング用品などでも売っているようです。 
 ただ、常に持ち歩くにはサイズが大きすぎますね。(70×60×23ミリ)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/3389443

この記事へのトラックバック一覧です: 常時携行品2:ホイッスル:

コメント

「ゼロから考える退避・救難」をここ数日考えています。一番無防備な時に大地震(あるいは、それに類する、脱出・救助が必要な状況)が起こったらどうするのかをまず考え、そこから順に、より余裕のある状況について考えていきたいと思っています。

私が現在考える一番無防備な状態は入浴です。これは大地震に限らず、老親が入浴中に助けを求める場合もありえます。ワイヤレスの浴室用救難信号発信機を検討したこともありますが、いかんせん値段が高すぎます。しかし、最近大地震防災のことを考えているうちに、ここでこそホイッスルを持っているべきだと考えました。現在家族は全員、イーコールを携帯電話に結びつけています(全メーカーは携帯電話に笛機能を付けるべきだ)。しかし入浴中にはそれを持っていません。そこで最初は、笛を結わえた携帯電話を防水袋に入れて常に持ち込むことを考えました(自分はできても、あまりひとには強要できないアイデアです)。

しかしよく考えてみると、風呂にホイッスルを一つ備えつけておけば済むことです。
私はストームホイッスルを風呂に置いておくことに決めました。水に強く、多少大きくても構わない、うってつけの製品だと思われます(それでも大きいかな……)。

同時に、携帯電話を持ち歩くとは限らない自宅内でどこでもホイッスルを使えるように、トイレや玄関、台所などにもイーコールを装備しようと思います。

投稿者: 過度のうどん (Jan 31, 2006 1:15:38 AM)

過度のうどんさん、コメントありがとうございます。

ストームホイッスルは最強でしょうね。
密閉された浴室では、本人が辛いくらいかもしれません。

脱衣場ではなく、浴室にというのは、浴室から出られない状況を想定しての事でしょうか?

だとしたら、浴室内に防水袋に入れたバスローブやジャージなども持ち込みたいですね。

我が家は、浴室のドアはヤワなプラスチック板のようですので、簡単に蹴破れそうなのでそこまでの対策はしておりません。

投稿者: isana (Jan 31, 2006 2:24:02 AM)

こんにちは。ストームホイッスルについては、「湿気・水があって音が鳴らない」ことを避けるために確かそんな製品があったなぁと記憶をたどった結果でしたが、そうですか音が大きすぎるということがありますか……。

脱衣所でなく浴室に、というのはまあ「入浴中に(一番「無装備」に近い状態で)生き埋めになったら」という想定に加え、日常入浴中の体調変化で家族にSOSを発しないいけない場合を考慮してのことです。

戸外に脱出する(できる)ときのことを考えて、冬場でも耐え忍ぶことのできる衣類を脱衣所には(通常の、替え下着・パジャマ・バスタオル・丹前類に加え)持ち込んでおこうとは思いはじめましたが、浴室内にまでは考え至りませんでした(苦笑)。まだまだ(思考実験の)修行が足りません。

冗談抜きで、クルマからの脱出と同じように浴室のガラス扉を割って脱出しなきゃいけない事態も想定しておくべきなのかも???

投稿者: 過度のうどん (Jan 31, 2006 6:35:41 AM)

ホイッスル閉じ込められた場合の対応策ですか?

風呂場、トイレは面積の割りに柱の本数が多く、比較的倒壊し難い構造ですね。
反面、歪めば屋外避難出来ない閉じ込め状態になります。

私は入浴中は脱衣場にライトとポケットラジオを置いてあります。
勿論ガラスに囲まれた風呂場は飛散防止フィルムを張ってあります。
1人時間帯の入浴はまずありえませんので、家族の入浴時間には外部からの救済も検討しなければなりませんね。

投稿者: ippo248 (Jan 31, 2006 11:45:57 AM)

>過度のうどんさん
この記事で紹介しているライフセーバーホイッスルは110db。ストームホイッスルも同程度だったと思います。
 車のクラクションより大きい音ですので、密室では辛いかも・・・ とは言っても廻りに聞こえなければ意味がありませんからね。

 浴室で見落としがちなのは、靴ですね。
ガラスの扉なら、飛散防止フィルムは必須でしょう。 裸・裸足の無防備な状態ですから。

投稿者: isana (Jan 31, 2006 7:14:35 PM)

コメントを書く