« 災害拠点病院 | トップページ | もしもっと大きな地震だったら・・・ »

April 11, 2005

最小の防災用品1

昔から「世界最小最軽量や新素材」という売り文句に弱い。
いつしか防災用品も、最小最軽量の物を結構持っているので、ご紹介します。

1)最小のLEDライト :PHOTON MICRO LIGHT III
PHOTON MICRO LIGHT III
電池:CR2016×2個
連続照射時間:12時間(最高輝度を発揮できるのは数時間らしい・・・)
照射距離:3m
重さ:10g
LEDビームの3段階の明るさ調整、3段階のストロボ機能、オート電源OFFなど従来のMicroLightシリーズにはない機能を持つ。
 このブログでも何回か紹介していますが、携行するには最適です。

もうひとつLEDライトのオススメはスーパー強力LEDライトです。 本体サイズが最小です。
スーパー強力LEDライト OH-210 ブラック

白色LED6個搭載し、「毎日10分使用で約5ヶ月点灯」という謳い文句の商品です。
電池は9V。 発売元:(株)大日向
 使用感としては、かなり明るいです。充分本が読めます。
ヘッド部分が180度回転するので、手で持っても置いても使えます。

持続時間が長く、屋内でも使えるので、非常時のランタン代わりに良いのではないかと思います。
本体の大きさは、W27×H31×D21mmで、9V電池に直接繋ぎます。かなりコンパクトサイズです。

2)最小の毛布: これも定番エマジェンシーブランケット,救急アルミックシート
災害時用・救急アルミックシート

いろいろなタイプが売られていますが、これは東京消防庁採用の商品。
表が金色で熱を吸収します。裏は銀色で、熱を反射(体温を逃がさない)します。
重さ:約50g
大きさ:使用時1250×2250mm,携帯時150×120mm

3)最小のラジオ: イヤホンそのものがAMラジオ
耳ラジAM
サイズ:h130×w70×d27mm
電池(付属):AG13×1
重さ:35g

スイッチとチューニングダイヤルのみ音声調整なし。
防災用品でラジオを用意しましょう!と言われても、「普段持ち歩くには重くてかさ張るし」という方向き。
普段ラジオを聴かない方が、かばんに入れておいたり、化粧ポーチなどに入れておくには良いかも。

4)最小の水筒 : プラティパス 折り畳める水筒
プラティスポーツ(530ml)

これも紹介済みですが、丈夫で軽量、使わない時はコンパクトに収納できる、革新的水筒。
・530mlタイプ :サイズ:140×236mm 容量:530ml 重量:22g
・1リットルタイプ: サイズ:148×300mm 容量:1L 重量:28g キャップ:プッシュプルキャップ
・2.5Lタイプ: サイズ:190×350mm 容量:2.5L 重量:36g キャップ:クロージャーキャップ

いつも冷蔵庫にミネラルウォータを入れて冷凍しています。アウトドアに行くときは、クーラーバッグに入れると保冷剤代わりにもなり、冷たい氷水が飲めます。

オプションで、専用ケースやチューブなどもあります。

5)最小,最軽量ロープ:ケプラーロープ
太さ2.3mmで、耐荷重250Kgのロープ。 標識ロープ(トラロープ)12mmと同じ強度を持ちながら、4g/m程度の重さしかない。 熱にも強い。
東急ハンズ(池袋、新宿は確認)で購入できる。

入手しやすいのは、パラシュートコード.太さ3mmで250kgの耐荷重。5g/m程度の重さ。
パラコートE-2012

6)最小簡易ストーブ: エスビット
エスビット ポケットストーブ/スタンダード [440778]
ドイツ軍の使用している固形燃料と折りたたみ式コンロの組み合わせ。
●サイズ:10x7.7x2.3cm
●重量:85g 
●固形燃料4gx20tab付き
タブレットひとつで約6分間燃える。シェラカップにお湯を沸かす程度の火力。


とりあえず今回は以上です。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/3650161

この記事へのトラックバック一覧です: 最小の防災用品1:

コメント

コメントを書く