« 車の防災装備品:非常持出袋 | トップページ | 家具転倒防止対策の実施率3割弱 »

April 02, 2005

帰宅難民:方角を知る方法

帰宅難民になりそうな方、出先での被災、会社から自宅への帰宅、帰り道は判りますか?
いつも見ている目標物が倒壊して判らなくなる可能性もありますね。

できれば、あらかじめ帰宅地図を作って携帯するのがオススメです。 
そのうち、「帰宅地図の作り方」というのもやってみたいと考えています。


さて、移動する際方角が判らない場合どうしますか? 簡単な方法を幾つかご紹介します。
日常生活でも知っていると便利ですよ!

1)市街地の場合 CS/BSアンテナから方角を知る。
スカイパーフェクトTVの場合:アンテナは南南西に向けて設置されています。
110度BS/CS放送の場合: アンテナは南西に向けて設置されています。

もちろん被災によりアンテナの向きが変わっている可能性もありますから、複数のアンテナを見て判断しましょう。

2)日中 アナログ腕時計を使う方法(北半球の場合)
south
・腕時計の短針を太陽の方向に向ける。
・12時と短針の中間の位置が、南の方角

3)ソーラ街灯
 最近はソーラの街灯を多く見かけるようになりました。
 パネルの向きが南です。

4)夜間 北斗七星やカシオペア
星の位置で判るそうですが、都会の夜は明るいので確認できた事がありません・・・
地震発生時は、真暗で使えるか。 火事で明るくて使えないのか・・・?

最近は、カシオ「プロトレック」などコンパス機能の付いた腕時計もあり便利ですね。
私もアウトドアの時には重宝しています。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/3528619

この記事へのトラックバック一覧です: 帰宅難民:方角を知る方法:

コメント

コメントを書く