« 最強の防災用マスク? | トップページ | どんな想定で備蓄しますか? »

April 07, 2005

帰宅難民:帰宅者支援

図書館で調べ物があったので、ついでに「東京都地域防災計画 震災編 平成15年修正版」を閲覧してきました(貸出不可なので)。

東京区部直下型地震が発生した場合の帰宅困難者は、約371万人(静岡県の人口に相当)だそうです。
すごい数ですね。

平日夕方に発生するケースの想定では、20Km以上の人はその日に帰れない帰宅困難者となるそうです。
平成16年の赤十字主催の帰宅訓練では、平均4.3Km/hだったそうですから、道が悪いなどの状況を考えると納得できる数字です。

防災計画では、当然帰宅者に対する支援策も計画されています。
1)水・食料・トイレ・休息の場,情報の提供 :帰宅支援施設
2)高齢者、病弱者を想定した代替輸送手段の提供 ⇒海、河を船で輸送、バスの提供
 ※防災訓練では、水上バスにより埼玉県方面の帰宅者を荒川の上流に輸送する訓練があったようです。  

防災計画には、帰宅者支援にどれだけの備蓄があるとか、具体的な事は記述されていませんでした。

いずれにせよ、371万人という都の人口の三分の一に相当する人に対して、充分なケアができるかどうか不安です。

帰宅支援の対象道路というのは決められていますので、帰宅時のルートは帰宅支援ルートを前提とした計画を立てたほうが良さそうです。

また日赤やガソリンスタンドで支援業務を行うそうです。

[参考情報]
1)東京都地域防災計画

2)平成16年日赤:災害時徒歩帰宅訓練 結果報告

3)東京都石油業協同組合 災害時サポートステーション

<帰宅支援の対象道路>
1)放射状路線
第一京浜、第二京浜、中原街道、玉川通り、甲州街道、青梅・新青梅街道、川越街道、中山道、北本通り、日光街道、水戸街道、蔵前橋通り、井の頭通り、五日市街道

2)環状路線: 環状7号線、環状8号線

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/3602818

この記事へのトラックバック一覧です: 帰宅難民:帰宅者支援:

コメント

コメントを書く