« レビュー:バイオレッタソーラギア | トップページ | 本棚などの防災対策 »

April 30, 2005

家具転倒防止策まとめ:L型金具

家具転倒防止策の種類と留意点について、以前書きましたが、具体的な商品をいくつか挙げたいと思います。

 阪神淡路大震災では、約6割の部屋で家具が転倒・散乱したそうです。

 また屋内でのケガの原因の46%が、家具の転倒落下が原因です。

 家具の転倒防止対策は、避難袋の準備以上に重要な防災対策でしょう。

1)L型金具

 壁に穴を開ける事が可能で、確実に固定できる場合は、最も効果のある方法のようです。
床がたたみなどの場合は、板を敷いたり、ストッパ式の物を併用すると相乗効果があります。

 転倒防止L型金具(小) 

などがありますが、ホームセンターにはいろいろなL型金具があります。
固定する家具の大きさや重さに合わせて、手頃な物を選択されると良いと思います。

 転倒の際は、家具の前面下の角が支点となり家具上部が前に回転するように動きます。
家具の上部(頂部)で壁に固定するには、家具の重量の1/2の力以上で固定する必要があります。

 壁がベニヤやボードなどの場合は、壁裏にある桟などの位置を探してネジ止めしないと、簡単にはずれてしまい、まったく効果がありません。たたいて探す方法もありますが、確実な方法は、壁裏センサーなどを使う方法です。

便利な測定器!下地センサーmini15 壁裏の見えない部材を探します! 

 また、コンクリートの場合は、ドリルで穴を開けてアンカーを打ってから、留める必要があります。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/3914928

この記事へのトラックバック一覧です: 家具転倒防止策まとめ:L型金具:

コメント

コメントを書く