« 1ヶ月経ちました | トップページ | 帰宅難民:帰宅者支援2 »

April 22, 2005

ソーラ発電:バイオレッタソーラギア

単三、単四充電池に充電できるモバイルソーラ発電器の定番商品「バイオレッタソーラギア」の防災セットのレビューを行いました。
viorettaバイオレッタ 【モバイル用電源】充電用ソーラーギア本体 
このセットは、発売元の太陽工房のオンラインショップだけのオリジナルセット。
バイオレッタ ソーラーギア VS01 2台 価格:10,500円(税抜10,000円)
専用単3形電池 4本 価格:2,100円(税抜2,000円)
専用単4形電池 4本 価格:1,680円(税抜1,600円)
USBパワーアダプター+PDC方式携帯電話用USB充電ケーブル価格:3,465円(税抜3,300円)
LEDライト 価格:1,260円(税抜1,200円)
DCパワーケーブル 1本 価格:1,050円(税抜1,000円)

合計価格:20,055円(税抜19,100円) が防災セット特別価格:16,275円(税抜15,500円)でした。
さらに今は、「防災・災害対策キャンペーン」で、5種類のオプションからひとつオマケが付きました。

この商品の特徴は、
・コンパクトサイズソーラパネルで、単三(アダプタを使って単四も)専用充電池に充電できるモバイル太陽電池である事。

・二つのバイオレッタソーラギアを繋いで充電できる事。(この際は、ひとつには充電池を入れない)

・オプション類が豊富で、USB機器の充電(AirEDGE Phone K3001V:京ポンなど)やあらゆる携帯電話への充電やLEDライトを使用できる事。

この3つでしょうか。

本体サイズは、携帯電話よりひとまわり大きいサイズ程度。重量は125gで少し重い感じ。
仕様での単三電池2本の充電時間は、日射約14時間。 2台繋げれば理論的には半分の7時間。

実際11~16時に晴天状態で充電してみましたが、満充電状態にはなりませんでした。
手元にあるバッテリーチェッカーによると2/3程度の充電でした。

PHS(京ポンK-3001V)に充電したところ、2/3の充電状態でした。
PHS充電後の充電池を、バッテリーチェッカーで調べたところ、まだ使用可能状態でした。
おそらく昇圧回路等がないため、電池を使い切る事はできないようです。

昇圧回路付きのUSBケーブルが他社から販売されているそうですので、それを使えば電池を使い切る事ができるかもしれません。

日々使う単三電池を使う機器用に、充電池をローテーションして使うには良い製品だと思います。
コンパクトで、いろいろ充電できるので非常持出袋に入れておくにも良いでしょう。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/3804396

この記事へのトラックバック一覧です: ソーラ発電:バイオレッタソーラギア:

コメント

コメントを書く