« ライト耐久テスト2:MAG+LED | トップページ | 応急手当を覚えておこう! »

May 28, 2005

GISプロジェクト

GIS(地理情報システム)をご存知でしょうか? 簡単に言うと、デジタル地図にさまざまな情報をプロットし、一元的に管理できるシステムです。

 「新潟県中越地震復旧・復興GISプロジェクト」では、ボランティアの協力により、被災状況やライフラインの復旧状況を登録しており、Webからデジタル地図を使って、さまざまな情報を見る事ができます。
GIStitle

すばらしいプロジェクトだと思います。 各避難所にWeb閲覧できるパソコンとネット環境があれば、被災者はさまざまな情報を見る事ができますし、噂やデマに振り回される事も減るのではないでしょうか?

GISは、たしか20年くらい前からあったと思います。ライフライン各社もおそらく整備済みだと思います。
現在、国や各自治体で防災対策や地域防災計画の策定が進んでいますが、一元的に情報を確認する手段がありません。

 私もこのブログで、行政の防災対策をいろいろ調べて掲載していますが、時間も手間も掛かっています。
いざ被災して混乱している時に、調べる事はできないでしょう。

具体的な防災計画も重要ですが、正確な情報を提供して市民が混乱せずに、冷静に対応できる事が重要だと思います。 都市の復興の際も、道路の状況など現状把握のために費やす時間は計り知れないでしょう。行政主導で自然災害用GISシステムを構築し、一般公開すれば、都市の復興のスピードは何割も上がるのではないでしょうか?

私も市販のデジタルマップ上に、避難場所や給水拠点などをプロットしていますが、地図ソフトの著作権の関係もあり公開する事ができません。フリーのGISのシステムを使ってできないものか、検討したいと思います。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/4307354

この記事へのトラックバック一覧です: GISプロジェクト:

コメント

コメントを書く