« 大日向 9VLEDライト | トップページ | 災害時トイレ3:災害対応マンホール »

May 10, 2005

地震は来る、腹をくくるしかないでしょ。

以前地震予測地図」について書きましたが、防災科学技術研究所では、さらに進んだ情報開示として、「地震ハザードステーション J-SHIS 」の公開を5/9から始めました。

簡単に言うと、地震予測地図に使用したモデルを使って、条件設定を変えて地震予測地図を見る事ができるものです。 ピンポイントで、その発生確率、予想震度、最大速度が見れるところがすごいですね。

 とかく行政サイドの情報公開が不十分だと叫ばれる中、このようなシステムが公開されたのは、とても評価できます。 裏読みすると、噂で「どこそこが危ない!」と騒がず、「国内に地震に対して安全な場所などない!」と宣言されてしまった気がします。

また断層の位置なども見る事ができます。しかし福岡の断層については含まれていないようです。
福岡と稚内~旭川は、比較的良いようですが、つい最近福岡でも地震が発生し、新たな断層が見出された事を考えると、30年のレンジで考えると安全な所などない事を思い知らされます。

実際、このシステムで全ての地震のケースで、30年以内に震度5弱の地震の発生する予測地図を見ると、太平洋側は真っ赤(100%)、日本海側でも~26%の確率です。

自分が生きている間に大震災は来る前提で備えなければならない事を、改めて思い知らされました。

大震災が発生する前に予測技術の進歩や災害対策が充実するのを祈るしかないですね。

ちなみに都内に住んでいる私には、関東地方の表層地盤増幅率が高いのが気になりました。
中越地震の際も、かなり離れた関東で結構揺れたのは、この増幅率が高いせいらしいです。
関東は遠くの地震でも被害を受ける可能性が高いようですね。

ちなみに防災科学研究所のサイトでは、このJ-SHIS以外にも地震計ネットワークや過去の地震のデータも公開されています。また防災基礎講座というページもあるので、勉強したい方にはお勧めです。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/4069849

この記事へのトラックバック一覧です: 地震は来る、腹をくくるしかないでしょ。:

» 日本は現在、地震活動期に突入!! [ちびらのてくてく散歩道から]
http://184.tea-nifty.com/bousai/2005/05/post_7471.html 「防災 明日は我が身」のサイトでも 書かれているように、ちびらも遅かれ早かれ 大地震はやってくると思っています。 先日、ある人達と話をしていて、その中で 「現在の日本は活動期にはいり、そのために  もしかしたら20年後だった大地震発生時期が  縮まり、たとえば2年後になるかもしれない」 というようなことを聞きました。 火山活動の活発... 続きを読む

受信: May 10, 2005 11:20:13 PM

» ♪首都圏における長周期地震動増幅の可能性 −地下に潜む巨大な基盤の凹み− [なんか、変...から]
首都圏の地震被害予測を変えるかもしれない発見があったようです。下記に抜粋を記します。図などはここからご覧ください。 -------------------------------- 独立行政法人産業技術総合研究所地質情報研究部門と、独立行政法人防災科学技術研究所は、関東平野の地下深部に複数の基盤の凹み(ハーフグラーベン)が伏在し、従来考えられていたより基盤の起伏が著しいことを初めて明らかにした。これらのハーフグ... 続きを読む

受信: May 13, 2005 9:19:18 AM

コメント

コメントを書く