« ライト耐久テスト4:ミニマグ+1灯LED | トップページ | 企業の災害復旧への取組みは? »

June 02, 2005

iモード災害用伝言板サービスは使えそう!

6/1夜に都内で地震が数回ありました。
東洋ライフサービスの奥野社長の伝えていた内容に、「震源が品川沖」というのを読んだ時、「品川沖なんて、今まで聞いたことがない」と思い、怪しいと思ってしまっていたのですが、今日の地震の震源が東京湾と聞いて、正直少し動揺しました。


以前、我が家の災害時連絡手順についてご紹介しました。

NTTの災害伝言ダイヤル「171」はみなさんご存知だと思いますが、DoCoMoのiモード災害用伝言板サービスは体験された事ありますか?

 毎月1日は、DoCoMoのiモード災害用伝言板サービスの登録・確認が体験できる日ですので、試してみました。
日経には、全面広告が載っていました。 今まで、ここまで積極的に宣伝してましたか?(私の見落とし?)

手順は簡単です。
iモード 「iMenu」⇒「お知らせ&ヘルプ」⇒「災害用伝言版体験サービス」⇒「体験サービス」
-本番時(震度6弱以上の地震などの災害が発生した場合)は、iMenuトップに表示されるようです。
-福岡の時も開設されていましたね。

[登録の仕方]
1)メッセージ(無事です/被害があります/自宅に居ます/避難所に居ます)を選択
2)100文字以内でコメントを記入。
3)登録する。
この時、登録通知メールの送信先が登録されていない場合は、登録用画面が表示されます。

※登録通知メールの送信先とは、災害用伝言板に伝言が登録された場合に、登録通知のメールを送信するあて先で、最大5件のメールアドレス(DoCoMo以外の携帯メールやPC用メールアドレスも可)が登録されます。

[確認] ※DoCoMo以外は、URL:http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi へアクセスする。
1)確認したい人のDoCoMo電話番号を入れ、検索。
2)登録日時の新しい順に表示されるので、伝言を選択。
3)内容を確認

[登録通知メールの内容]
メールタイトル:災害用伝言板登録通知メール
本文: iモード災害用伝言板にメッセージが登録されました。
メッセージ内容(無事です/被害があります/自宅に居ます/避難所に居ます)
コメント

最後に災害用伝言板のURLが表示されるので、これをクリックすれば、相手の電話番号を知らなくとも(入力しなくとも)、直接災害伝言板にアクセスする事ができます。

このサービス、とても良いと思います。積極的に使う事をお勧めします。
DoCoMoが使えなければ(基地局の損壊等)、もちろん役にたたないのですが、通話が輻輳で使えない状態でも、パケット通信であるiモードは使える可能性が高いですから。
1)命に関わる連絡をするために電話を使う人のために、安否の通知はなるべき通話を控えるべきです。
2)最近は、アドレス帳機能を使うので、電話番号を押して電話をかける機会が減りました。 災害時パニックになっている時に、大切な人の家の電話番号を思い出せない可能性もあります。 あらかじめ5件の通知先を設定しておけば、相手に連絡してくれます。
3)周りの人に、「私の安否は○○さんに連絡するように設定している」と伝えておけば、あちこち聞きまわる心配も減ります。

特に、会社で使えるのではないでしょうか? とかく、部下は上司にメルアドや電話番号は教えたくないもの、このサービスなら、部下が上司のメルアドを登録しておけば良い訳ですから。
 会社では、登録通知の来ない社員から安否確認をすれば良くなり、安否確認の確立は格段に上がります。

先日、我が家の「災害時連絡手順」を作って思ったのですが、「はたして、年老いた親がこのサービスでちゃんと確認を取れるのか?」という心配がありました。 このサービスなら、「息子の住む東京で地震が起きたら、メールソフトを立ち上げっぱなしにして、時々確認するように!」と言っておけば済むので、安心できそうです。

登録通知メールのアドレス登録は、毎月1日以外でも登録できますので、すぐに登録しておく事をお勧めします。
登録通知メールのアドレス登録は、「iMenu」⇒「オプション設定」⇒「災害用伝言板通知メール設定」です。

他キャリアは調べていませんが、ウェイルコム(旧DDIポケット)のPHSには同様のサービスはありませんでした。
ぜひ、全キャリアで同様のサービスをしていただきたいものです。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/4374792

この記事へのトラックバック一覧です: iモード災害用伝言板サービスは使えそう!:

コメント

コメントを書く