« 使えなかった防災無線 | トップページ | ノーパンクにしておいて良かった。 »

August 30, 2005

壊滅的・・・関東大震災

防災の日を前に、国立科学博物館地震資料室のサイトを見つけました。
関東大震災をはじめ、おおきな地震の写真や地震計の歴史が書かれています。

 首都直下型地震の発生が心配される今、あらためて関東大震災の写真を見ると衝撃的です。
まさに、壊滅的な被害という言葉がぴったりという印象でした。

 このサイトトップページに、安政江戸地震の鯰絵が掲載されており、マウスを合わせると文章の意味が表示されます。 

 鹿島大明神が、江戸の地震(=鯰)を国中の地震の前で叱っている様を描いています。
神様に怒られて、しばらくおとなしくしている様が、的を得た表現でちょっと感心してしまいました。

防災の日を前に、今一度関東大震災の被害状況を確認されてはいかがでしょうか?

同じ国立科学博物館のバーチャルミュージアム2003 「THE-地震展」 も、なかなか判りやすくお勧めです。

この中で、東京帝国大学地震学)大森教授と今村助教授は関東大震災の前に、いずれ東京にも地震が来て大火災に見舞われる事を予想していたが、「猶予はない」と警告する今村に対し、大森は世情を必要以上に動揺させることを恐れ、それを浮説として退けたそうです。

関東大震災から82年たった現在、この教訓を活かして、警告が発せられる事はあるのでしょうか?

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/5701856

この記事へのトラックバック一覧です: 壊滅的・・・関東大震災:

コメント

「地震資料室」を別の場所で今日たまたま初めて知り、サイト内検索をかけてこのエントリにたどりつきました。水がぬるむ季節になってからこのかた、緊張感が薄れていていけません。外国では5月でも大地震はいくというのに……。日本で4月から8月には大地震は起きないというのはたまたまなのかどうなのか……。6月にはいって、市の耐震診断が来ました。最終報告は出ていませんが、思ったより良いみたいです。でもなまじ良さそうな数字が出るのもどうなのかと(苦笑)。

投稿者: 過度のうどん (Jun 7, 2006 9:09:26 PM)

過度のうどんさん、こんばんは。
耐震診断の結果が良さそうで、おめでとうございます。
住居というベースがしっかりしていれば、ワンランク上の備えができると考えられてはいかがでしょうか?

 私達の身の回りには、だけでなく風水害など多くの危機があるのですから、絶対安心はありませんね。

投稿者: isana (Jun 8, 2006 12:03:01 AM)

コメントを書く