« 災害時メール利用:あなたの機種は使える? | トップページ | 窓ガラスの地震対策調査結果 »

August 02, 2005

震災時帰宅支援マップ レビュー

昭文社から発行された「震災時帰宅支援マップ(首都圏版)」を購入しました。
8/4発売予定を前倒ししての発売でした。日経新聞にも記事が載るなど話題の地図です。
震災時帰宅支援マップ 首都圏版 600円
※現在Amazonだと9/1以降の納期なので、楽天ブックスのリンクを貼りました。

レビューを書きたいと思います。

体裁:A4サイズの縦1/3のサイズ厚さ約6mmで、カバンにも入れやすいサイズ。

掲載範囲:都心から40km圏の帰宅支援道路周辺、帰宅支援道路から左右1.25kmの範囲。

対象帰宅支援道路:第一/第二京浜,中原街道,玉川通り,甲州街道,五日市街道,井の頭通り、青梅/新青梅街道、川越街道、中山道、北本通り/岩槻街道、日光街道、水戸街道、蔵前橋通り/千葉街道,環七/環八

都心からの距離が見やすく、沿線にある広域避難場所や帰宅支援ステーション(主に学校),行政施設、公衆トイレ/コンビニ等支援施設,ガソリンスタンド,水場など、帰宅支援関連施設が網羅されている。

1頁が約5~6kmですから、1頁約1時間の換算です。行政の災害時の歩行速度推定値は4km/hです。

※文部科学省「大都市大震災軽減化特別プロジェクトH15年成果報告書」3.5章より

坂道とかブロック塀などコメントもおもしろいですね。
「自販機迫る」なんて訳の判らないコメントもありますが・・・

 帰宅困難者を想定した良くできた地図だと思います。 帰宅用避難用品と共に、かばんに入れておくと良いでしょう。

特に気になる、「あとどれぐらいか?」「今何処?」が判りやすい。

ただ、掲載範囲で触れたように帰宅支援道路の周辺幅2.5kmの範囲しか記載されていないので、帰宅支援道路からはずれて自宅に至る部分は、別途地図が必要です。

 帰宅支援道路は放射状になっていますから、遠くなる程別の地図が必要です。

関連施設はかなり細かく書かれていると思います。
災害拠点病院や救急救命センターのある病院は別表示にするなどの工夫があるともっと良いですね。

[要望]
私の感じた要望です。必要に応じて記載しておくと良いでしょう。

1)橋の落下等で迂回せざるを得ない時にルートが判らなくなる。
 「最寄の橋は、左に○km」などと記載されると良い。

2)地域危険度が判らない。
 この一帯は、倒壊/火災/避難危険度の高い地域は記載して欲しい。
 地域危険度の情報は、こちら

3)情報入手のための、コミュニティFM局の周波数を記載して欲しい。

4)沿線の危険箇所を表示してほしい
 沿線には工場なども多いようですが、危険物を扱うような場所は記載して貰えると安心できます。 個人レベルでは調べようもない事ですので。

なかなかお勧めの地図です。
本来は行政や(自分の勤める)企業が、この程度のものを配ってもおかしくないと思います。

最後に! 地図を買って安心せず、ぜひ歩いてみましょう! 
数回に分けて1頁分(5km)だけ歩くだけでも違うと思いますよ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/5281426

この記事へのトラックバック一覧です: 震災時帰宅支援マップ レビュー:

» 本「震災時帰宅支援マップ」 出版元:昭文社 [絶好調への道から]
MAPPLEで有名な昭文社 から、 「震災時帰宅支援マップ(首都圏版)」 が出版されているということで、 今日、購入してみました。 当初の発売日は、8月4日だったのですが、 先日の千葉での震度5の地震の影響から、早く発売されたみたいです。 昭文社編集部 震災... 続きを読む

受信: Aug 3, 2005 12:55:05 AM

» 【家族が待つ家へ向かってサバイバル】震災時帰宅支援マップ 首都圏版 [ぱふぅ家のサイバー小物から]
今日は「防災の日」である。本書は、帰宅支援マップとしては大したものではない。だが、普通の地図として非常に役に立つ。それで購入した。 続きを読む

受信: Sep 1, 2005 8:46:37 PM

コメント

コメントありがとうございました。
早速拝見させていただきました。
なるほどそういう地図だったんですね。
…やっぱり欲しいかもw

投稿者: o-bake (Aug 7, 2005 10:42:37 PM)

こんにちは、Leelooといいます。
これからこの地図を買おうと思っていたので、レビューを探しまわっていました。
とても参考になりました!!!

投稿者: Leeloo (Aug 18, 2005 2:20:56 PM)

コメントを書く