« がれき除去:スマートクレーン | トップページ | カトリーナ:明日は我が身 »

September 02, 2005

室内危険度診断システム

防災の日、何を書こうかと考えていたら、2日になってしまいました・・・
日立東日本ソリューションズのサイトに「室内危険度診断システム」が公開されました。

間取り、家具の配置等をマウス操作で入力すると、散乱状況や避難路を示してくれます。
操作性を重視した簡易的なシステムであり、正確な配置はできませんでしたが、参考になると思います。
特に寝室に家具のある方や戸外への脱出経路に物が置いてある方は、一度試してみてください。
耐震対策の必要性を感じると思います。

9/1防災の日は、各地で防災訓練等が行われたようですね。
首都圏では、首都直下型の地震を想定した訓練が行われたようです。 
 大きな地震が続く事もあり、これらを踏まえた訓練になるのは良いですね。

NHKでもNHK特集で、東海・東南海・南海地震の連動の話をしていました。
国土の半分が影響を受けるというのは、日本沈没を思い起こします。
コンビナートの被害について紹介したのに、原発について触れなかったのは、意図的だったのでしょうか?

個人的には、NHK特集よりも、その後の「ご近所の底力」の防災対策のほうが面白かった。
マンションでの地震をテーマに、自治会での参加者の増やし方や効果のある耐震器具の紹介など、より実践的で参考になりました。

 ちなみに、耐震金具はL型金具がベストですが、家具の下に敷くタイプと突っ張り棒タイプを組み合わせると、L型金具以上の効果があるそうです。

数百円でできる耐震対策なども紹介してましたが、見た目が悪い! 
「家具のデザインと思えばいい!」と言い切っているのが、笑えました・・・

やはり見た目重視なら、それなりのお金掛かりますね。

過去の記事でも何度も紹介してますが、優先度(危険度)を考慮して対策すべきです。
とりあえずの対策でも良いから、命に関わるところはもれなく! 今いっぺんに数万円かけられなくても、段階的に確実な方法にしてはいかがでしょうか(それまで地震が来ない事を祈りつつ・・・)

防災関連のキーワードで、RSSリーダでチャックしているのですが、さすがに今日は防災関連の記事が山のようにありますね。 防災意識が高まった証拠だと良いのですが。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/5745669

この記事へのトラックバック一覧です: 室内危険度診断システム:

コメント

はじめまして。
大きな地震にあったことはないのですが、心配性のせいか普段からいろいろ想像してしまい、会社にもスニーカーや地図を置いているので、周りからは「防災マニア?」とからかわれている(笑)主婦です。といっても、サバイバルやアウトドアには全く詳しくないため、備えは素人なのす・・。

こちらのページを発見して、非常に参考になりました!これからもじっくり読ませていただきます。ありがとうございました!

投稿者: aya (Sep 3, 2005 12:45:21 AM)

AYAさん、はじめまして。
コメントありがとうございました。

防災マニア扱いは、私も経験あります。
最近は、地震も多くマスコミ報道も多いので多少変わりつつあるかと思います。

想像力を働かせるのは大切な事だと思います。
できあいの非常持出袋を買って安心するのではなく、今この状況で巨大地震が起きたら、どう行動すれば良いのか、何を頼りにすれば良いのか考える事こそ「防災意識」ではないでしょうか?

投稿者: isana (Sep 3, 2005 10:30:12 PM)

コメントを書く