« 都で死者14,000人の予想 | トップページ | 過去の災害に学ぶ »

October 24, 2005

串田さん、何を予知しているんだろう

先ほどTVで、八ヶ岳南麓天文台(EPIO)の串田さんがひさしぶりにTVに出てました。
今年5月にWebを閉鎖されたまま、あまりマスコミには露出していなかったようですが。
番組では、大きな変化の兆候を発見し、分析中の様子で、具体的な発言はまったくなかった。
しいて言えば、「月末には判断して・・」って事は、来月なのでしょうか?

Web閉鎖に至った経緯を考えると、慎重にならざるを得ないとは思いますが、こんな中途半端な形でマスコミに出るのもいかがなものかと思います。
 あの内容では危機感を煽るでけに終わっているように思えます。

 これは串田さんの本意なのか、番組の編集の仕方の問題なのか判りませんが。

ちなみに私は、予知研究は官民とも、積極的にやっていただきたいと思っていますし、その成果は随時公表すべきだと思っています。 (ただ官の研究については、優先度としては防災対策の次にくるべきだと思います。)

 個々の予知研究の結果は信ずる事ができなくても、複数の研究で同じ予測を示していれば信じると思います。

今後地震をはじめとして自然災害の報道はどんどん増えるでしょう。
地震の特集など数字が取れておいしいのかもしれませんが、マスコミは業界団体等で、災害社会学などを前提として、報道のあり方についてルールを決め、公表していただきたいものです。

 地震予知の話はとても難しいですね。 知っていれば助かる命もたくさんあるし、予知によって経済活動が止まったり、株価への影響など、経済に大混乱を引き起こすでしょう。

 必ず責任問題が出てきますから、政府も判っていても公表できないのではないかと思います。

 「発生しなかったら責任を取ってくれ」なんて言う人がいる以上、発信者からの一方的に公表し、「信じる人は信じて逃げてください」って言うしかないですね。

結局私たちは、民間の地震予知情報を得て、個人の感覚で判断するしかないのが現状ではないでしょうか。

 インターネットを使って多くの情報が得られる現代ですが、その情報を判断する力がますます大切になってくるかと思います。

 ちなみに、EPIOにアクセスしてみましたが、あいかわらず閉鎖されたままでした。

へたな防災ノウハウ本を読むよりも、災害社会学の本を読んでおくと、いざという時の判断に役立つと思います。
私も両方読みましたが、お勧めです。

人は皆「自分だけは死なない」と思っている -防災オンチの日本人-
4796645187山村 武彦

宝島社 2005-03-02
売り上げランキング : 26156

おすすめ平均star
star特に学校関係者や公的機関に関わる方へ
star自分できちんと考え行動する態度を身につけよう
star危機管理としては通り一遍か?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人はなぜ逃げおくれるのか―災害の心理学
4087202283広瀬 弘忠

集英社 2004-01
売り上げランキング : 137910

おすすめ平均star
star新しい知識
starなるほどの連続
star施設の防災管理責任者の方はご一読を

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/6538403

この記事へのトラックバック一覧です: 串田さん、何を予知しているんだろう:

コメント

この本は知りませんでした。参考にさせていただきます。串田さんかあ。懐かしい名前です。数年前によく聞きました。

投稿者: サバイバー (Oct 27, 2005 7:36:32 AM)

コメントを書く