« 串田さん、何を予知しているんだろう | トップページ | 防災の本当の意味はなんだろう。 »

October 24, 2005

過去の災害に学ぶ

1923年関東大震災の時のニュースフィルム(動画18分)を公開しているサイトを見つけました。

第一報~第三報のフィルムで、白黒音声なしの動画が見れます。
かなり衝撃的な映像で、死体なども映っていますので、食事時は避けてごらんください。

過去の災害に学ぶと言いつつ、具体的に学べる事はないのですが、死者数など数字だけでは想像できない、被害の深刻さに衝撃を受けます。

この災害以降、耐震に対して大きな技術的発展があったとはいえ、懸念される首都直下型地震でこんな事になったらどうなるんだろうと考えさせられます。

 そして短期間で復興をはたした、たくましさを現代人は受け継いでいるのだろうかと心配になります。

私も、このブログを始めるまで、祖父の時代の大変な被害の地震だった程度の認識しかなく、興味も持ちませんでしたが、最近はとても興味があります。

 個人の防災の備えも、行政の防災計画もないに等しいこの時代で、これだけの被害の中から、みごとに復興したのですから、私達も災害にあって生き延びたなら、希望を持ってたくましく早期復興のために、がんばらなければ先人に申し訳ないなと思います。

 やっぱり、備えよりも体力つけるのが先決でしょうか・・・

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/6540321

この記事へのトラックバック一覧です: 過去の災害に学ぶ:

コメント

コメントを書く