« 寒さ対策できていますか?番外編 | トップページ | 会社の机に置いておく防災セット »

November 01, 2005

巨大疎開所でも作れませんか?

先ほどWBSでやっていたんですが、特別財源を使って地方に巨大ドームを作成し、その維持費で地方財政がさらに悪化するとか・・・  そんなの作るなら巨大疎開施設でも作って貰えないものでしょうか?

首都圏直下型地震をはじめ、各地の地震に対する不安や、台風など自然災害に対する不安はつのる一方です。
阪神淡路大震災でも多くの方が長い避難所生活を強いられ大変な思いをされました。

このような大災害が起きた場合、家族は安全なところに疎開して日常生活を送って貰いたいものです。
一部市町村レベルで協定を結んだり、疎開パックなるものを販売したりされているようですが、数万人~数十万人規模の被災者が出た場合、混乱するのは必至です。

そこで提案は、各地に1万人程度収容できる巨大疎開施設を作成する事。
免震構造として、井戸や太陽光発電等自然エネルギーを使った、自立型のライフラインを持つ設備。
 中を可動式パーティションで区切り、収容人数に合わせて使用できるエリアを可変にする。
地区毎に疎開させ、同じ学校の生徒が生活し、授業を受ける事ができる。

地元での災害発生時は、地元民の避難所として、都市災害時は都市からの疎開に使う。

 どの程度の疎開期間か判りませんが、その間は地元の活性化に繋がります。
気に入って移住する人も出るかもしれません。

 平常時は、地元のコミュニティで活用すれば良いし、自然エネルギーで得た電力や熱源を近隣に無料で配布すれば良い。

 ちょっと思いつきを書きましたが、使われずに経費ばかり掛かる施設を作るよりも、良いのでは。

本当に、疎開や仮設住宅対策は事前に充分な手当が必要だと思います。
 阪神淡路大震災や福岡の場合は、影響範囲が狭かったから、この程度で済んだのです、大都市で被害が出れば収支がつかなくなるのは必至です。

もう一つの案は、船です。 自走できなくて良いから、居住設備の整った大型船を準備して欲しい。
別に新造船でなくても、ロシアあたりから大型船を買って、改造すれば良い。

 災害が起きたら近くに曳航して利用する。 海外の災害支援にも使う。

 別に国レベルでやらなくても、大企業ならこのような対策を取る事は可能だと思います。 

 最近、企業のBCPに興味を持っていろいろ調べていますが、やはり企業の復興のために、社員が一丸となって活動するためには、家族が安心して暮らせる保障を企業が与える事が一番だと思っています。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/6800696

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大疎開所でも作れませんか?:

» 太陽光発電所の概要&目次 [プチ太陽光発電所 所長のつぶやきから]
プチ太陽光発電所 所長になり、人造人間キャシャーンの如く、家族や地球環境を守り、太陽エネルギーで生きて行くために捨て身の投資をしてみましたので、その導入経緯と検討時に仕入れた少しばかりの知識を紹介します。 ○目次 太陽光発電の導入経緯&目的 太陽光..... 続きを読む

受信: Nov 1, 2005 11:37:12 PM

» 家族だけは助けたい! [サバイバーズ・プロジェクト 生存者への道から]
来る大震災に備えて、小さいお子さんもいる家庭ではどうしたらいいでしょう?お父さんがいないときに母親はどうしたらいいのでしょうか。よく待ち合わせ場所を決めておくとか、携帯(震災時は通じない)を持ち歩くとか聞きますが、実際は何もしていない人がほとんどです。 それには以前ここで紹介した災害図上訓練(DIG)の家庭版として自作のハザードマップを作ることをお勧めします。まず自宅近辺の住宅地図や都市計画図などを用意します。これは本格的なDIGでは畳2畳くらいのものを用意しますが、区役所などで手に入る半畳ほ... 続きを読む

受信: Nov 3, 2005 9:29:57 PM

コメント

なかなかいい案だと思いますが、志の大きい経営者がいればいいんですがね。トヨタあたりはぜひやって欲しいところです。トラバします。

投稿者: サバイバー (Nov 3, 2005 9:28:47 PM)

サバイバーさん、コメントありがとうございます。
 BCP策定が義務化される可能性も高まってきましたので、今後の企業の対策に期待したいと思っています。

 企業が共助に真剣に取り組んでくれれば、従業員やその家族、地元住民には大きな安心になります。
 尼崎の電車事故でも、近隣企業の活躍が救助に貢献したそうですが、発震時も期待したいですね。

投稿者: isana (Nov 4, 2005 2:37:43 AM)

コメントを書く