« 春だから、帰宅訓練を | トップページ | 家具転倒防止器具無料配布 »

May 23, 2006

ウィルコムでも災害伝言板サービス開始

ウィルコムでも、やっと災害伝言板サービスが開始されました。
他のキャリアに比べてだいぶ出遅れましたね。

内容は他のキャリアと同様です。
 ローミングサービスはないようですので、ウィルコムのサイトにアクセスして確認する必要があります。

現在体験期間中。 6/1まで体験サービス期間中です。 
他キャリアと同様。毎月1日は体験サービスが使えます。

ウィルコム端末からは、CLUB AIR-EDGE/H"LINKのトップページから、
パソコンや他社携帯からは、http://dengon.willcom-inc.com から閲覧できます。

ローミングはできませんが、災害用伝言板から、他のキャリアのリンクが貼られています。

 話は変わりますが、ウィルコムでは位置検索サービスを開始しました。
サービス加入すると、ID/パスワードが与えられます。
サービス加入者の現在位置を確認したい人が、ウィルコム端末もしくはパソコン等ブラウザからサービス画面を開いて、ログインすると、被検索者の位置を地図で確認する事ができます。

 また自己位置通知サービスもあり、あらかじめ登録した人にサービス加入者の位置をメールで知らせる機能を提供するそうです。

ウィルコムの位置通知機能は昔からあり、東芝の関連会社がサービスを提供していました。
私も以前母が外出先で倒れた経験があったので、昨年まで数年間加入していました。
ウィルコムのアンテナを使った三角法で位置を検索しますので、だいたい1ブロック程度の精度で位置を把握する事ができました。

災害時に家族の安否確認などでこのサービスが役立つかもしれません。

帰宅難民のお父さんの現在位置を確認するのに使えると良いですね。

基地局が安全だという前提ですが・・・ 
 たしかウィルコムでは、バッテリー搭載の基地局が幾つかあり、停電になっても全滅する事はなかったはずです。

現在ウィルコムは、法人への拡販を積極的に行っていますから、企業の防災対策で安否情報を確認する用途などに使う事も視野に入れているのでしょう。
災害伝言板やメールを使った安否確認サービス以上に正確で、リアルタイムな安否確認・位置確認ができるでしょう。

 今後防災の観点からの機能追加なども期待したいです。

発災時にW-Zero3で会社にアクセスし、安否情報を登録するとともに、会社の状況や自分の取るべき行動などが提供されるようになると、一歩進んだ災害対応システムが使えそうです。



|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/10212407

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルコムでも災害伝言板サービス開始:

コメント

コメントを書く