« ドスペ「巨大地震は必ず来る!4」 | トップページ | 食事制限のある方の非常食 »

July 03, 2006

ドスペ「巨大地震は必ず来る!4」Part2

前回の続きです。 クイズ以外のトピックについての要約。

1.04年スマトラ沖、新潟中越地震は予知されていた。
 ロシア国立水理気象大学ボコフ博士は、太陽の磁場と気圧配置の変動が地震発生のきっかけになると考え、予知情報を提供している。 さまざまな大地震で予知が的中している。

 高気圧に挟まれた間を台風が通過するような気圧変動が危険な状況で、首都圏は地理的な条件から台風通過の直後が危険。

2.地すべり津波
 過去最大の津波では、アラスカで起きた520mが最高。
 地震による多量の土砂が地すべりを起こし、水面に落下した事が原因。
   これは海中で発生するケースもあり、石垣島の明和の大津波もこのケースと思われる。

 地理的条件から、日向灘、富山湾、釧路湾などは、この海中地滑り津波が発生する可能性がある。
 この津波は間近で起こるため、津波警報も出せない。

3.危険なマンション
 耐震偽装マンション以外にも危険なマンションはたくさんあり、30万棟程度あると思われる。
 危険なマンションは、
  1)1981年以前に建てられた旧耐震基準のマンション
  2)1階が駐車場や店舗など、広く壁がないマンション
  3)長方形以外の、L字型・コの字型のマンション :部分によって揺れ方が異なり、接合部分に負荷が掛かる。
  4)手抜き工事のマンション

手抜き工事のマンションの見分け方
  ・築10年以内なのに、壁に名刺が刺さる程のヒビがある。
  ・廊下天井に白いシミがある。 白いツララができている。
  ・タイルの目地に白いものが出ている。

  これらは、コンクリートの成分が流出している証拠で、コンクリートの中性化や中の鉄筋のサビが進行している可能性がある。
  通常、これらの現象は40年以上で発生するが、10年以内に発生している場合、海砂を使っていて酸化が進行したり、鉄筋(帯筋)の処理に手抜きがある可能性があり、耐震診断をお勧めする。

 耐震補強が必要な場合、現在はSRFというポリエステル繊維を柱に巻きつけるような工法もあり、この場合は工期が1ヶ月⇒9日、柱1本の費用が100万~⇒40~70万円と、工期や費用が少なくて済む。

[関連過去記事] どう進める中小ビルの耐震化

4.地震保険
地震保険には様々な条件があり、良く知る事が大切。
 基本的に損失をまかない元に戻す費用は補償されず、被災後の再建のための当座資金を確保する程度で考えたほうが良い。

  保険の詳細は、また別の機会にします・・・

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/10771653

この記事へのトラックバック一覧です: ドスペ「巨大地震は必ず来る!4」Part2:

» 鉄は何故錆びるのか? [「宇宙科学の法則」知花敏彦公式HPから]
私たちが知るべきことは何でしょうか?真実とは何でしょうか?人生で起こっていることはすべて必然であり、法則にしたがっているのです。 続きを読む

受信: Jul 7, 2006 11:27:03 PM

コメント

コメントを書く