« 水害リスク把握してますか? | トップページ | わが家の大雨対策 »

September 14, 2006

防災にも使える3D地図ソフト

カシミール3D」というフリーの地図ソフトで、主に登山愛好家に使われているすばらしいソフトがあります。
このソフトは三次元の立体地図ソフトで、経路の計画や歩いた後の記録を付けるなど、多くの機能を持ったソフトなのですが、このソフト防災にもいろいろ使えそうです。

1)防災マップとして(アイコン+写真の地図)
Tokyost060910_1559001_1
左は地図のハードコピーですが、中にアイコンがあります。 このアイコンをクリックすると、右の防災案内板の写真が表示されます。 またコメントを付ける事ができます。

デジカメで撮った写真のExif情報のGPS欄に位置情報を書き込んでおけば、Drag&Dropするだけで、地図の撮影場所にこのような写真が張り付きます。
※右側の写真には、GPS情報がついていますので、ExifのGPS情報に対応したソフトなら試す事ができます。

災害時もGPS付き携帯などで撮影した写真を、インターネットで集めて、このソフトに貼り付ければ簡単に被災状況の把握ができる地図ができそうです。

2)水害リスクの把握
 このソフトには、断面図作成という機能があります。 指定した直線または折れ線のルートの断面図を作成し、横軸に距離、縦軸に標高が表示されたグラフを作成できるのです。

 この機能、昨日ご紹介した水害リスクの把握に使えそうです。
Root6この写真は、東京上野公園(池之端)から松戸の国道6号線までのルートの断面図です。

隅田川から江戸川までの東京東部はゼロメートル地帯である事がよく判ります。
この様に、近所の地形を断面で見ることによって、水が溜まりそうな場所を把握する事もできそうです。

3)帰宅ルート計画
 元々登山用のソフトといえるこのソフトは、徒歩の計画に最適ですから、帰宅困難者の帰宅ルートを入れてみると良いでしょう。
 水平の距離だけでなく、勾配なども考慮し、歩行時間の計画が立てられます。
また、水害で電車が停まり帰宅する際も、冠水しそうな場所を予測できそうです。

まだ、使い始めたばかりで全体の機能が把握できていないのですが、今後もこのソフトを使った防災への活用方法を見つけたらご紹介したいと思います。

 フリーのソフトですので、地域での情報共有などにも使えると思います。

なお、フリーソフトでインターネットからダウンロード可能ですが、解説書を購入すると地図やプラグインの入ったCDがついてきますし、多機能なソフトだけに本を見たほうが理解しやすいと思います。

カシミール3D入門―山と風景を楽しむ地図ナビゲータ
4408007765杉本 智彦

実業之日本社 2002-03
売り上げランキング : 2123

おすすめ平均star
star機能満載
starすばらしいです!
starデータCD付属。関東甲信越の実用地図を作成できる!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
山と風景を楽しむ地図ナビゲータ カシミール3D GPS応用編 Windows対応 [CD-ROM 2枚組]
4408007773杉本 智彦

実業之日本社 2002-11-24
売り上げランキング : 17920

おすすめ平均star
starCD添付でお買い得
star中部地方の人は入門編も買うべし
starカシミール3DとGPSで遊びませんか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
カシミール3D パーフェクトマスター編(Windows対応)―山と風景を楽しむ地図ナビゲータ
4408007870杉本 智彦

実業之日本社 2003-07-11
売り上げランキング : 9612

おすすめ平均star
star便利なソフトを使うために!
starカシミール3D パーフェクトマスター編(Windows対応)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/11886399

この記事へのトラックバック一覧です: 防災にも使える3D地図ソフト:

» 35mm Camera [35mm Cameraから]
Very nice site. 続きを読む

受信: Aug 27, 2007 1:12:43 PM

コメント

コメントを書く