« カセットガス発電機 | トップページ | 大阪府被害想定を見直し »

October 30, 2006

3つ子地震震源は紀伊半島沖

東海・東南海・南海の三地震が同時発生する場合の震源が、紀伊半島沖になる可能性が高いとのシミュレーション結果が出た。

 海洋研究開発機構(JAMSTEC:映画「日本沈没」で主人公の草薙くんが勤めていた所)が、地球シミュレータを使って計算した結果である。

この研究成果は、31日から開かれる日本地震学会で発表されるそうだ。

これらの地震が同時発生した場合、死者は最大約二万五千人、経済損失額は81兆円にのぼると想定されている。
(10/30日経朝刊)

 東海・東南海・南海の地震の連動は三つ子地震と呼ばれ、歴史的に連動する可能性が高い。
1489年 東南海、東海 M8.2~8.4
>100年後
1605.2.3 東南海、南海 M7.9 慶長地震
>100年後
1707.10.28 東海・東南海・南海 M8.4 宝永地震
>150年後
1854.12.23 東海・東南海 M8.4 安政東海地震
1854.12.24 南海 M8.4 安政南海地震   ※32時間後
>90年後
1944.12.7 東南海 M7.9 東南海地震
1946.12.21 南海 M8.0 南海地震 ※2年後

前回、1944年の際は東海地震は発生しておらず、150年が経過している。
次回は、東海・東南海・南海が連動して発生する事が懸念されている。

 この三つ子地震が同時発生すると、神奈川から愛媛までが震度6弱のエリアに入る。
そして、海溝型地震なので長周期地震動の発生が予想され、高層ビルや石油タンクへのゆれが心配される。
私見だが、首都圏も長周期地震動の影響を受けやすく、新潟中越地震でも地上は揺れていないのに超高層ビルが揺れるという現象が発生している。
さらに、津波の被害や浜岡原発の被害による放射能汚染といった心配もあり、死者は最大約二万五千人、経済損失額は81兆円という被害予測はずいぶん低い数値のように感じる。

[過去関連記事]
津波と長周期地震動
ドスペ「巨大地震は必ず来る!!」

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/12493527

この記事へのトラックバック一覧です: 3つ子地震震源は紀伊半島沖:

コメント

TBありがとうございます。
リンク先に加えさせていただきました。
北岡拝

投稿者: 北岡隆志 (Oct 31, 2006 5:53:24 AM)

北岡さん
 リンクを貼っていただきありがとうございます。

投稿者: isana (Nov 1, 2006 12:12:36 AM)

コメントを書く