« パキスタン地震から1年 | トップページ | 北朝鮮地下核実験実施への対応 »

October 10, 2006

正常化の偏見

「正常化の偏見」という言葉をご存知でしょうか?
自分にとって都合の悪い情報を無視したり,過小評価してしまう人の特性」を指す言葉です。

日経ITproに「自分だけは大丈夫」,セキュリティ対策を妨げる「正常化の偏見」という記事が載っていたので紹介します。

-非常ベルが鳴ってもすぐ逃げ出さない、周りの人が逃げるまで様子を見る。
-津波常襲地域で津波の危険がある事を知りながら、震度5強の地震が来てもほとんどの人が逃げない。

いずれも、危険がある事を知りながらも,「大丈夫だろうと思った」事が原因です。
韓国の地下鉄火災の際も、車内に煙が充満しているにも係わらず多くの人が、席に座ったままだったというケースが有名で、私も写真で見ましたがとても不思議な光景でした。

これはとても危険な事です。
 どんなに防災準備していても避難行動を取らないのですから。

小さな地震に慣れている人よりも、地震慣れしていない人のほうが、ちゃんと避難できる可能性があります。

もし、そんな状況になり誰も避難しなかったら、大声で誘導しましょう。
多くの人は避難すべきかどうか、(自分だけ大騒ぎしたらカッコ悪い!)迷って決断できないだけですから。

コンピュータウィルスの被害や、オレオレ詐欺なども同様の心理が働き、「あっても被害は大した事ない」「自分は詐欺なんかに騙されない」と信じてしまう可能性があります。

またセキュリティ対策や防災対策について人に説得する場合に、「こんなに被害があるのだから、やりましょう!」的な説得の仕方になりがちです。

あまり脅すばかりだと、人は思考停止に陥り「正常化の偏見」にすがってしまうようです。
このような場合は、過去の事例やシミュレーション結果(ハザードマップ)を利用して、なぜこれだけの被害になるのか、どのタイミングでどんな行動をとるべきなのか、論理的に説得するほうが良いようです。

 自分も、「正常化の偏見」に陥らないよう注意したいと思います。

 「正常化の偏見」に興味を持たれた方は、以下の本に例を交えて紹介されていますので、ぜひ読んでみてください。

人は皆「自分だけは死なない」と思っている -防災オンチの日本人-
4796645187山村 武彦

宝島社 2005-03-02
売り上げランキング : 68974

おすすめ平均star
star特に学校関係者や公的機関に関わる方へ
star自分できちんと考え行動する態度を身につけよう
star危機管理としては通り一遍か?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
人はなぜ逃げおくれるのか―災害の心理学
4087202283広瀬 弘忠

集英社 2004-01
売り上げランキング : 132327

おすすめ平均star
star新しい知識
starなるほどの連続
star施設の防災管理責任者の方はご一読を

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/12221042

この記事へのトラックバック一覧です: 正常化の偏見:

コメント

コメントを書く