« DoCoMo新903iは6機種GPS搭載 | トップページ | 被災時に消毒は大切 »

October 13, 2006

長期火災保険料値上げ

最近の自然災害多発により、10年を超える長期火災保険が廃止になる方向だったが、来年春を目処に値上げする事により継続する事になったようだ。(10/12日経朝刊)

10年を超える長期火災保険は、住宅ローンと組み合わせ担保機能として使うケースが多く、銀行などから反対があったため、値上げにより継続になったようだ。

九州や長野で被害が出た7月豪雨では、損保全体の支払額は50億円といったニュースもあったが、自然災害の多発 → 損保会社の損益悪化 → 保険料値上げ → 被害に遭わなくても家計を圧迫 という構図。

 自然災害の多発によって、保険を掛けるほうも引き受けるほうも大変な状況になってくる。
地球温暖化により自然災害は増える方向にありますが、損保の保険料も値上りしたり、免責事項が増えたり、注意すべき事が増えそうです。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/12261528

この記事へのトラックバック一覧です: 長期火災保険料値上げ:

コメント

コメントを書く