« 地震デリバティブ付きローン登場 | トップページ | 竜巻と保険 »

November 12, 2006

世界水没地図

海水面の上昇により、どこが水没してしまうかシュミュレーションできるサイトがある。
日経新聞の連載 山根一眞氏の連載「デジタルスパイス」で紹介されていました。

 Google MapsとNASAのデータを重ね合わせた、マッシュアップの好例だと思います。

GoogleMapsで地域を表示し、水深?(海面上昇の高さ)を選択すると、水没地域が水色で表示されます。

5mの首都圏の場合は、こちら
最大値の14mの首都圏の場合は、こちら

やはり東京東部は水没です。 日本全体で見ると、平野部の多くで被害が出ます。
おそらく人口密度のマップと重ね合わせると、いかに影響が大きいか判ると思います。

もっとも、すでにゼロメートル地帯ですから防潮堤で守れる事ですが、世界中には水没する島も多い。
日本でも,沖ノ鳥島が水没すると経済水域が減り、経済的な影響も大きい、すでに危機的な状況です。

地球温暖化の影響による2100年までの海面上昇は0.9mとなっているが、シベリアの永久凍土が溶ける事によりメタンが放出されて加速されるなど、プラス要素も多く、さらに深刻な状況になる可能性も高い。

 手軽にこういったシミュレーションを見る事ができる時代です。
学校での地球温暖化教育などに積極的に利用して欲しいものです。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/12651822

この記事へのトラックバック一覧です: 世界水没地図:

コメント

コメントを書く