« 新型インフルエンザ10日で12万人感染 | トップページ | モバイル機器充電はこれで完璧! »

January 23, 2007

GPS携帯はいろいろ使えそう

GPS搭載FOMAのSH903iに機種変更しました。
巷の関心は、地デジとか音楽携帯なのでしょうが、生活シーンで役立つのはGPS携帯のように思います。

今回は、生活シーンで役立ちそうな場面と防災での活用についてご紹介。
1)写真+位置情報
 過去記事「903i写真へ位置情報を記録できるのは」でご紹介しましたが、903iシリーズで写真に位置情報を記録できるのは、SHとNのみ、他のGPS搭載FOMAでは対応していないようです。

 SHでは、写真撮影後サブメニューで、「位置情報付加」機能を選ぶとGPSで現在位置を測位し、写真のExif情報に、緯度・経度情報を付与します。

 この写真は、メールでも送れますし、microSDカード経由でパソコンにも取り込めます。
 位置情報付き写真は、スーパーデジタルマップルなど地図ソフトに、ドラッグ&ドロップすれば地図上の撮影場所に写真を貼り付ける事ができるので、いつどこで撮った写真なのか記録できる訳です。
※GoogleMapsやGoogleEarthでも表示可「GoogleEarthで防災マップ

街中の気になる店や風景など、時間が経つと何処で撮ったのか判らなくなるような情報が記録に残せるのは、とても便利です。
旅行記録のスタイルも変わると思います。

また、待ち合わせなどでも、いる場所の写真付きメールを送ると、GPS対応携帯でなくても発信場所の地図が見れ、かつ写真で場所が正確に判ります。
 ※GPS携帯でなくても・・・ メール本文にURLが記載され、ドコモサイト上の地図で位置が確認できます。
   他キャリアの携帯では確認していませんが、携帯からしかアクセスできないようです。(W-Zero3はNG)

2)ナビ NAVITIME
 徒歩でも車でも、ナビゲーションしてくれるNAVITIMEがついていました。
 車で使ってみたところ、ちゃんと音声ガイダンスで案内するし、オートリルート(道をはずれた時の再検索)も充分使えます。

この中で良いのは、出発地/目的地の設定が豊富な事。

 GPSで検索した現在位置はもちろん、写真に付加された位置情報や電話帳の位置情報、電話、郵便番号、住所、駅、キーワード/カテゴリー検索、MGコード(昭文社の地図情報の地図コード)、過去GPS履歴で設定できます。

たとえば、位置情報付き写真をメールで送って貰い、その写真から目的地を設定するとか、電話帳に登録してあるお店を指定すると、そのお店までルート案内してくれます。

電話帳について補足すると、電話帳内に位置情報を登録する項目があります。この電話帳データはvCard形式のファイルとして入出力できますので、パソコン上で作成したvCardのお店情報をメールで携帯に送り、電話帳に取り込むとか、自分の電話帳に登録してあるお店の情報をメールで送れば、店名・連絡先・地図・URLなどが、ひとつの操作でまとめて送る事ができます。
 今後は、宴会の案内などもvCard形式で送れば、メールやWebをプリントアウトした紙を持って店を探すという事もなくなるかもしれませんね。

 ますます、横道にそれますが・・・ vCardは電子名刺の規格フォーマットです。
 OutLookなどでvCardファイルを作成し、エディタで開いて、「GEO:緯度,経度(小数点形式)」「X-DCM-DATUM:WGS84」の2行を追加するだけで、位置情報付きvCardファイルになります。

ここで、防災的な話を・・・
 NaviTimeで、たとえば「千代田区 災害拠点病院」で検索すると、該当する災害拠点病院が検索され、ナビで案内してくれます。 被災時にiモードとNavitimeサービスが動いていたら、とても心強いですね。
 もちろん、帰宅困難者の帰宅ルート案内や災害時支援ステーションの検索なども使えますね。

 もちろん、被災時に家族や会社に現在位置を知らせる事もできますから、電話は輻輳していてもメールとiモードが生きていれば、かなり期待できる道具になりそうです。

 そして、ビルが倒壊しているとか、橋が落ちているとか、位置情報付き写真をサイトに投稿すると、市民の力で短時間に被害状況の把握ができますから、共助のツールとしても期待できます。
 実際、静岡県島田市のコミュニティサイトでは、この仕組みができています。

 最近は、icカードを使って避難所へ避難した人の名簿を作成し、ネットワークから知人が何処の避難所に居るか確認できるシステムも開発され、防災訓練でテストされています。
 icタグを組み込んだホイッスル、スイカ、お財布ケータイに、氏名・連絡先など登録し読み取る仕組みです。

福知山線の事故の際に、誰が何処に搬送されたか判らず混乱したような事態がなくなるのも時間の問題かもしれません。
 実際、首都直下地震や東海・東南海・南海地震など数万・数十万の死傷者が出るような事態では、旧来の方法では機能しないでしょう。防災対策のインフラとして重要な技術だと思います。

また、行政の職員が携帯のテレビ電話機能を使って被災状況を、本部に伝える仕組みの訓練も行われています。

 今後、携帯端末のGPSやマルチメディア機能を使った防災システムは、重要な技術となるでしょう。

NTTも防災対策にはかなり力を入れているようです、今後の展開に期待したいですね。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/13624615

この記事へのトラックバック一覧です: GPS携帯はいろいろ使えそう:

» シャープ AQUOS と 地上デジタル鐔ワ愁鐔 [マイ・つるかわ・生活〜鶴川住人日記、東京近郊おでかけメモ、キャンプのメモから]
先週、我が家のメインテレビがついに・・・壊れました。9年目でした(^^ゞ。 一応目標が、2011年のアナログ放送終了まで持たせる予定でしたが・・・ で、テレビが無くて生きていける私は別に置いて、 子供たちは、ウルトラマンメビウス、ドラえもんが見られないと不満爆発モードなので、 仕方なく、新型TVを買うことに。 で、買ったのがこれです。 ... 続きを読む

受信: Jan 23, 2007 11:18:00 PM

» ドコモ903i 第三世代の携帯(画像)や903iシリーズの発売予定 [ドコモ 903 シリーズ 携帯(画像) 関連のブログから]
ドコモ903i 第三世代の携帯(画像)や903iシリーズの発売予定、ワンセグ、PC携帯等の情報です。 続きを読む

受信: Jan 25, 2007 3:25:24 PM

» バンダイコレクション「BEAUTY WALKER 美歩」 [GPS.com GPSの簡単説明と、GPS一般ユーザー商品の紹介から]
2007年1月30日 バンダイコレクションは「BEAUTY WALKER 美歩」といサービスを開始した。 簡単にいうと、携帯とGPSを利用したアプリ。 今回配信が開始されたのは、GPS機能を利用し、歩いた距離を計測して消費カロリーなどを表示できるというもの。... 続きを読む

受信: Feb 2, 2007 2:26:30 AM

コメント

コメントを書く