« 島国ならではの脆弱性 | トップページ | 緊急通報位置通知 4月運用開始 »

January 07, 2007

毒蛇で地震予知

中国では、毒蛇を使った地震予知観測システムの運用が始まったそうだ。
昨年10月には、120km離れた場所でM4.6の地震が発生したが、この5日前に十数匹の蛇が暴れだして壁に激突して死亡。その後のM3の地震でも3日前に数十匹の蛇が土中から地表面に出てくる現象が確認されているとか。

この中国のシステムは、養殖業者に依頼して、ビデオカメラで24時間監視しインターネット経由で情報を把握するというもの。

蛇のほかの動物でも10年前から百箇所以上の観測点を設け、観測を続けているそうだ。
(asahi.com)

 宏観(こうかん)現象を元にした地震予知と避難の成功例は、世界で唯一中国が1度成功している。
[過去記事] 「地震予知の成功例があった」 参照。

 宏観現象による地震予知は、日本では民間レベルではいろいろ行われているが、国として取り組んでいるのは中国だけではないでしょうか?
科学的根拠がない事を理由に、邪道扱いされていますが、因果関係が認められるのであれば研究分野として取り組んでも良いように思います。

 きちんと因果関係を追及すれば、発生時期や規模・場所の精度も上がり、ノイズ源(地震以外で現象が発生する要因)も把握でき、科学的根拠もあきらかになるかもしれません。

膨大な予算を使い、実際に発令される可能性の低い「東海地震予知情報」より、有意義に感じるのは私だけでしょうか?

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/13362211

この記事へのトラックバック一覧です: 毒蛇で地震予知:

コメント

こんにちは。
日本でも,以前「なまずと地震の関係」についてまじめに研究していた機関がありましたが,その後どうなったのでしょうか?
「動物を使うのは地震研究では邪道だ」と研究者の間では言われているようですが,動物の本能ほどいまだに解明されていない部分も多いわけですから,そういう部分の研究も同時並行的に進めていくことで,将来的には「より正確な地震予知」ができるかもしれませんね。
もっと,動物研究にも着目しても良いと私は思います。

投稿者: おかにゃん (Jan 7, 2007 12:28:16 PM)

おかにゃんさん、コメントありがとうございます。

>日本でも,以前「なまずと地震の関係」についてまじめに研究していた機関がありましたが・・

 そうなんですか、はじめて知りました。
予算カットで研究中断というハターンでしょうか?

地震の多い国なのですから、動物に限らず幅広い分野で研究されれば,革新的な発見があるかもしれませんね。

本年もよろしくお願い致します。

投稿者: isana (Jan 7, 2007 2:35:59 PM)

コメントを書く