« 帰宅困難者支援:ファミレスも追加に | トップページ | J-ALERT運用開始 »

February 08, 2007

DoCoMo,FOMA/衛星/無線LANシステム提供

NTTドコモは、FOMA/無線LANデュアル端末で、衛星通信を利用した通話が可能になる「ヂュプレスター」システムを法人向けに発売した。

「デュプレスター」は、災害時や非常時に携帯電話網が使えない場合でも、衛星回線を使用して音声通話を実現するシステム。(以上、RBBTODAYより)
 
 言葉だけで説明するのは判りにくいが、災害時にFOMA通信網が使えなくなったエリアに於いて、
衛星電話(ワイドスター) →デュプレスターSIPサーバ(無線LANルータのようなもの)→FOMA/無線LANデュアル端末という経路で通信が可能になる。

 たとえば、全国の本支店に衛星電話とSIPサーバを一式装備し、FOMA/無線LANデュアル端末を複数台配備しておけば、被災時にFOMA網が使えなくても衛星電話を経由して、SIPサーバの周囲30mの範囲で音声通話ができるようになるようだ。 

 被災時の情報連絡は最重要課題だが、衛星電話を全国に配備するにはコスト的にも日常業務的にも難しい。
端末は日常も使える携帯電話で、衛星通信のセットが1式あれば音声通話ができるのは、なかなか現実的なシステムのように思える。

また、たとえば山中の工事現場などFOMAの電波が届きにくいところでも、このシステムがあれば周囲でFOMA携帯が使えるので、日常業務でも実用的なシステムでしょう。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/13838168

この記事へのトラックバック一覧です: DoCoMo,FOMA/衛星/無線LANシステム提供:

» 次期主力戦闘機はF-22Aに決定か? [現役雑誌記者による、ブログ日記!から]
TBさせていただきます。ベトナム戦争時代の遺物的存在だったF-4ファントムが老朽化のため2008年に完全廃棄される。 防衛省はすでに2005年から2009年の中期防栄整備計画においてF-4ファントムの後継機を7機調達することが決定している。... 続きを読む

受信: Feb 9, 2007 12:50:40 PM

コメント

こんにちは。以下のシンポジウムを知りましたので、とりあえずこちらにコメントとして置きますね。

>「宇宙技術の防災利用シンポジウム」
~防災・災害対策の活きた情報がここにある~
の開催について
http://www.jaxa.jp/press/2007/02/20070209_i-space-sympo_j.html

 平成19年2月26日(月)、大手町サンケイプラザ(東京都千代田区大手町)
において、下記のとおり「宇宙技術の防災利用シンポジウム」 ~防災・災害
対策の活きた情報がここにある~を開催します。

投稿者: 過度のうどん (Feb 9, 2007 9:02:08 PM)

過度のうどんさん、情報ありがとうございます。

「だいち」については、以前から興味あるのですが、ネット上の情報も少なく、もっと知りたいと思っていました。

 とりあえず26日は今のところ空いているので、参加申込しておきました。

投稿者: isana (Feb 10, 2007 12:57:53 AM)

コメントを書く