« 今世紀末には気温は4度上昇 | トップページ | DoCoMo,FOMA/衛星/無線LANシステム提供 »

February 05, 2007

帰宅困難者支援:ファミレスも追加に

東京都など首都圏八都県市は帰宅困難者支援対策として、新たにファミリーレストランと支援協定を結ぶ。
対象となるのは、デニーズとロイヤルホスト系のファミリーレス。

 昨年は、コンビニ各社と協定を結び、水道とトイレの提供と情報提供を行うが、今回締結するファミレスでは、新たに一時休憩場所も提供する。(以上。東京都HP

現在、都立学校等が帰宅支援ステーションに指定されていますが、帰宅支援道路からはずれた場所にある事も多く、帰宅支援マップ等でその存在を知らなければ通り過ぎてしまうでしょう。

ファミレスは、帰宅支援道路沿いに必ずあるし、看板も目立ち場所が判りやすい。
帰宅支援ステーションとして適していると思います。

協定締結後、ドアに「災害時帰宅支援ステーション」のステッカーが貼られるそうです。
Clip_image005

ひとつ注意しなければならないのは、帰宅支援ステーションだからといって、特別な設備がある訳ではない事。
「可能な限り協力します」という立場のようです。

 つまり、その時になってみないと「災害時帰宅支援ステーション」として機能するかどうかは判りませんし、なんら義務を負っていないはずです。
この点も行政はちゃんと情報提供しておかないと、被災時にトラブルが発生するのではないでしょうか?

利用者は節度とマナーを持って、使わせて貰わなければなりません。

また、提供者もトラブル回避のために、マニュアルの整備や訓練の実施等、ちゃんと機能する努力はしていただきたいものです。

ガソリンスタンド、コンビニ、ファミレス等いずれもアルバイト主体で運営されている訳ですから、どの程度機能するのか怪しいと私は考えています。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/13800040

この記事へのトラックバック一覧です: 帰宅困難者支援:ファミレスも追加に:

» ロイヤルホスト [ロイヤルホストから]
ロイヤルホストならここ。お得なロイヤルホストのクーポン情報や、ロイヤルホストの地域限定メニューなどについて色々調べています。 続きを読む

受信: Jul 14, 2007 1:14:35 PM

コメント

おはようございます。
以前私は業界2位の大手コンビニに夜勤の主任として勤務しておりました。もう6年くらい前のことです。ちょうど「コンピューターはどうなる!?」というY2K問題の最中で、期日が近づくにつれ、コンビニ本部からは万一に備えた対応策が通達されました。その状況が災害時にも応用できるかと思います。

コンビニはオール電化仕様なので、送電の一切が停止すればレジ・冷蔵庫・フライヤー・トイレの自動手洗い等全てが機能しません。
もちろんそれでも営業はしますから、レジは最大4時間はバッテリーで稼動します。その後は電卓とメモで切り抜けるようオーナーから言われました。災害直後は、オーナーの判断で商品の無料提供もあるでしょう。
一応、勤務マニュアルには災害時の行動も記載されておりますが、危惧される通り、「災害」という特殊な状況下でそれを実際にできる店員は少ないと思います。そういった訓練は実質やらなかったので。多くは接客や商品管理、発注といった一般業務の指導を受けます。オーナー・店長クラスの人間が的確に指示を出すことができて果たせる機能と思います。
私のいた店舗は夜はオーナー・店長クラスは皆帰ってしまうので、夜勤中は私がその代行という立場でした。時間のあるときにマニュアルを読み、「こうなったらこうしよう。あぁしよう。こうした方がいいか??」と思考訓練をしておりました。実際活用する機会はありませんでしたが、よい勉強になりました。
一般店員でこういったことを想定して勤務しているのがどの程度いるのか、今でも疑問です。私は「何か災害が起きれば手を貸しに行こう」と思っております。
日頃から危険物を扱っている分、ガソリンスタンドが一番アテにできるのではないでしょうか?

投稿者: tanzy (Feb 6, 2007 11:08:08 AM)

TANZYさん、実体験での貴重なお話ありがとうございます。

TANZYさんのように、きちんとマニュアルを読む方は少ないのでしょうね。

以前、ローソンの災害対策の話をセミナーで聞いた事があります。
本社系エリアマネージャー?までは、携帯で災害情報を受信しすぐ動ける体制を取り、実際に年2回抜き打ちの防災訓練をしているようですね。

オーナーは近くに住んでいる方も多いでしょうから、オーナーが駆けつけてうまく仕切ってくれる事を期待するしかないでしょうね。

投稿者: isana (Feb 6, 2007 6:35:00 PM)

コメントを書く