« また想定外 能登半島沖地震 | トップページ | 能登沖地震 東南海・南海との関連 »

March 26, 2007

能登半島地震 どこも予知せず

M6.9 最大震度6強を記録した能登半島沖地震。
私のブログのタイトル部分に表示しているロシア ボコフ博士の地震予知でも、他の地震予知サイトでも予知されていたものはなかったようだ。

そして満月に地震が起きやすいというジンクスも通じなかった。

 宏観現象がどうだったのか気になります。

 いずれにせよ、現状では信ずるに足りる予知方法はないのだろう。


それから、これは予知ではありませんが・・・緊急地震速報はどうだったのでしょう?

 緊急地震速報の運用開始後、初の大きな地震でした。
震源が近いだけに、震度6強を観測した地域では通知が間に合わなかったようです。
これは、仕組み上仕方のない事。  仕組みを理解して使いましょう。
通報内容が、ほぼ正確だったのは評価できます。

通知が間に合った場所では、適切な対応が取れたのでしょうか?
マスコミで、ぜひ取り上げて欲しいです!

<以下、読売新聞ニュースより抜粋>
気象庁によると、第1報が出たのは、震源に近い羽咋(はくい)市の地震計でP波を確認してから3・6秒後。

 内容は、<1>震源の深さは10キロ<2>マグニチュードは7・0<3>石川県能登で推定震度5弱以上の地震が発生――など、ほぼ正確なものだった。

 実際に大きな揺れが到達するまでに、能登町(震度6弱)では約5秒、珠洲市(震度5強)では約7秒、富山市(震度5弱)では約12秒の時間があった。

 ただ、震度6強を観測した輪島市や七尾市、穴水町、震度6弱の志賀町などの震源から近い地域では、速報が出る前に大きな揺れに見舞われていた。
<--抜粋終わり-->

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/14404734

この記事へのトラックバック一覧です: 能登半島地震 どこも予知せず:

» 石川県で震度6〜能登半島沖地震で〜 [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜から]
天災はいつ訪れるかわからないものですね。 3月25日午前9時42分頃、能登半島沖で大きな地震が発生。石川県輪島市と七尾市、穴水町で震動6強、志賀町などで震度6弱、珠洲市で震度5強を観測しました。その後も余震が続き、午後6時11分頃には輪島市などで震度5弱を観測。一連の...... 続きを読む

受信: Mar 26, 2007 10:35:24 AM

» 石川県の能登で大地震 震度6強 新潟、富山で5弱 [ネット社会、その光と闇を追うー から]
25日午前9時42分ごろ、北陸を中心に強い地震があり、石川県 続きを読む

受信: Mar 26, 2007 10:57:13 AM

» 地震対策グッズ 家庭の地震対策 [地震対策グッズ 家庭の地震対策から]
非常袋の用意は、普段からできる防災のなかでも、最も分かりやすく実行しやすい方法の1つです。また、非常袋を用意し身近なところに置いておくということは、防災意識の向上にもなります。 非常袋の総重量(袋も含む)は、成人男性で15kg、成人女性で10kgほどがいいとされていますが、個人差があるので、実際に中身を詰めて背負ってみたものを参考にしましょう。また、小さな子供がいる場合はその体重も考慮に入れるようにし... 続きを読む

受信: Mar 26, 2007 11:03:06 AM

» [揺れた]能登半島に地震被害(追記あり) [BBRの雑記帳から]
ちょうど、地震の時にトイレに座っておりました。 振幅の大きい揺れ(震度3ぐらい)がどわどわと来たので、あれ、と思いましたね。 何だか乗り物酔いのような気分。 ひょっとして、プレート型の大きい地震が大阪からは遠い場所で発生したのかと思ったら、やは...... 続きを読む

受信: Mar 26, 2007 2:42:34 PM

コメント

コメントを書く