« 都内に通う人はブックマークを | トップページ | 水害標識 »

April 04, 2007

都知事候補の首都直下地震認識

都知事選挙が近づいています。大学教授を中心とした「首都直下地震を考える有志の会」が、候補者に公開質問状を送り、その回答をホームページで公開しています。

首都直下地震が発生した場合、行政とその長たる知事の対応によって被害は大きな差が出るでしょう。
事前対策、事後対策が都民や都に通う人々の命運を分けるかもしれません。

 都民の方は、選挙前に各候補の首都直下地震に対する認識について、ぜひチェックしてください。

 どの候補者がどうとは,ここでは述べませんが、回答が的を得ていないもの、実現性に疑問を持つものがあると感じました。

もっとも掲載された回答はブレインの考えた回答でしょうから、候補者が本当にどの程度の認識があるかは疑問ですが・・・

 どの候補が当選するにせよ、重要課題と考えきちんと実行していただきたいです。

 このサイトでは賛同者を募集し、さまざまなネットワークで広める事を求めていますので、このブログでも賛同を表明し、御紹介させていただきます。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/14556677

この記事へのトラックバック一覧です: 都知事候補の首都直下地震認識:

コメント

コメントを書く