« 携帯機種変更するなら・・ | トップページ | 中国洪水で1063万人被災 »

June 09, 2007

公立小中学校 4300棟が倒壊の危険

全国の公立小中学校の校舎や体育館のうち、4300棟が震度6強以上の地震で倒壊する危険性がある事が文部科学省の調査で判った。

 全国12万9559棟の公立小中学校の校舎や体育館の34.8%にあたる4万5041棟が耐震性不十分とされ、この内詳細な耐震診断が行われた1万9343棟のうち4328棟は、震度6強の地震で倒壊する危険性が高いと診断された。

 都道府県別でみると、東京375棟、北海道258棟、大阪237棟、兵庫232棟となっている。
6/8yomiuri online

詳細な耐震診断が行われていない25,698棟が同程度の比率で、震度6強の地震で倒壊する危険性が高い建物だとすると、さらに5750棟程度が倒壊する恐れがある計算となる。

 文部科学省は「深刻な状況」とみて、早期に改善するよう都道府県教育委員会に通知したようだ。
早急に対応すると共に、耐震診断結果を公表するなり、対象建物を避難所からはずすべきでしょう。

先日の記事「東京23区避難所が足りない!」で書きましたが、東京東部では7万人の避難所が足らないようですが、今回の調査で都で375棟が倒壊の恐れがあるとすると、避難所不足はさらに深刻になりそうです。

 横の連携に弱い日本の行政ですから、実現性のない防災計画になっているのではないかと心配になります。
やはり日本版FEMA的な組織が必要なのでしょう。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/15363167

この記事へのトラックバック一覧です: 公立小中学校 4300棟が倒壊の危険:

» 土壁を正しい作り方で補強しないとあぶねぇ~鐔ワ愁鐔ヅ敲匹虜遒衒 [土壁を正しい作り方で補強しないとあぶねぇ~鐔ワ愁鐔ヅ敲匹虜遒衒から]
土壁を補強しないと危ない・・・土壁の作り方を習得しなければ鐔ワ愁鐔ヅ敲匹鯤箒唎靴覆い繁榲槪亡蹐覆唎覆辰討④拭〽族箸呂呂燭靴涜臂翩廚覆里世蹐ΔʔΑΑΔ修Δ任后⊆族箸謀敲匹鬚佞鵑世鵑忙箸辰寝伐阿❹△襪鵑任垢韻鼻△修療敲匹⓴蹐覆い鵑任后A瓩垜箒唎靴覆い函△修海鯤發い討い真佑❹い燭蕾蕊澆④砲覆蠅ǂ佑覆ぁ〽族箸療敲媛伐阿魏燭箸�補強しないとまじであぶねーんだよなぁ鐔ワ愁鐔ッ唎ǽ敲匹虜遒衒錟気┐討唎世気�... 続きを読む

受信: Jun 9, 2007 2:36:31 AM

コメント

コメントを書く