« コクヨが防災用品を販売 | トップページ | 消防庁が支援物資の調整役に »

June 27, 2007

告知「都市型災害の現実と教訓」

日本防災士会葛飾支部主催で、「神戸市に学ぶ都市型災害の現実と教訓」という講演会を行います。
震災当時防災課で活躍された方を講師にお招きし、当時の現場と現実、反省や教訓などについて講演していただきます。

 葛飾支部発足1周年を記念して、日本防災士会葛飾支部が主催し、葛飾区教育委員会が共催するものです。

日時: 2007年7月7日(土) 18:30~ (受付18:00~)
場所: テクノプラザかつしか [地図] 最寄り駅 京成線 青砥駅
会費: 無料

特に参加資格はないので、他区・他県の方でも参加できるようです。
興味のある方は、ぜひご参加ください。

震災時に最前線で活動された方の体験談は貴重だと思います。 私も楽しみにしております。

防災士会の役割として、こういった一般の方を対象とした企画が今後もできると良いのですが、やはり活動資金の面で問題があります。
 独自性を保ちながら積極的な活動ができる方法、どなたか教えていただけませんか?

日本防災士会、葛飾支部の一員としての告知でした。

p.s. 行政に属さない防災士会の活動として、良いアイディアがあれば、ぜひ教えてください。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/15571083

この記事へのトラックバック一覧です: 告知「都市型災害の現実と教訓」:

コメント

おはようございます。

お子さんには必ず親御さんがついてきます。子供の視点から防災を捉えたゲーム・実験を計画されたらどうでしょう?

生協さんが一番得意な分野ですが纏め買い、防災用品もものによっては安くなります。購入時送料も馬鹿になりません、デスから安価で小さなものを・・・

行政さんでは施設内での販売は出来ませんし宣伝と見なされる行為もできません。防災士会の流布、若干の手数料、が期待できると思います。光触媒、7年間水道水を詰めたまま・・・勿論防災意識の定着が最大の目的ですね。

投稿者: ippo248 (Jun 30, 2007 6:45:59 AM)

ippo248さん、アイディアありがとうございます。
 「やはりターゲットは子供でしょう」とのアドバイスを、防災士会葛飾支部会員でもある防災担当副大臣 平沢勝栄氏の奥様からも戴いていました。

やはり体験型イベントが一番良さそうですね。
会で収入を得るのは、やはり物販が手っ取り早いですね。

 メデタンカプセルあたりは手頃な商品ですね。

ありがとうございました。 また教えてください。

投稿者: isana (Jun 30, 2007 3:46:43 PM)

コメントを書く