« 東京アメッシュリニューアル | トップページ | 告知「都市型災害の現実と教訓」 »

June 27, 2007

コクヨが防災用品を販売

事務用品でおなじみのコクヨが防災用品の販売と、防災ソリューション事業をスタートした。
企業での事務用品の販売に強いコクヨの参入によって、企業での防災の備えが強化されると良いのですが・・・
企業の業績も上向いている今のタイミングでの参入は、結構売れるんではないでしょうか?

 防災用品のシリーズ名は「防災の達人」。 防災の話では、マスコミへの出演も多い、防災システム研究所の山村武彦氏とタイアップして開発した商品のようだ。 商品数は270品目におよぶ。

さまざまな商品があるが、私の感想としては、オフィスをよく知るコクヨらしい商品で、工夫も多い、でも高いという感じです。

たとえばダンボールの備蓄ボックス。
 オフィスのロッカーにきちんと収まり、保存期限など管理しやすいラベル付き、ばらして敷布団の代替として使えるようになっている。
 得意のファイリングシステムの経験を活かした商品だと思います。 価格は2,940円
この価格、表示がないけどダンボールひと箱の値段だと思います。


コクヨのこの分野への参入は、既存の防災対策用品を扱う業者にも良い刺激になるのではないでしょうか?
商品単体の機能だけでなく、ファイリングロッカーにちゃんと収まり、ラベルを使ってちゃんと管理できるといった視点が従来の商品にはなかったように思います。

 ぜひ参考にして、よりよい商品を作っていただきたいですね。

この他、エレベータ閉じ込め対策用の備蓄セットやオフィス内へ閉じ込められた場合のレシュキューキャビネットなども提供されるようです。

こういった用品販売の他、地震対策工事サービスや緊急地震速報システムなども提供するようです。

企業担当者にとっては、なかなか便利な存在になると思いますが、大企業のトップから「当社の防災対策はどうなっている?」と聞かれ、担当部署があわててコクヨを呼んで見積を取り、一括発注。 「当社の防災対策はできています!」と報告するといった図式が目に浮かびます。

 防災用品や備蓄はもちろん大切なのですが、応急対応体制などソフト面の検討が欠かせない事をお忘れなく。
そして、それは一朝一夕にできるものではないのです。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/15570815

この記事へのトラックバック一覧です: コクヨが防災用品を販売:

コメント

コメントを書く