« 中越沖地震、携帯各社の状況 | トップページ | 要援護者対策は間に合わなかったのか? »

July 17, 2007

震源から離れたところしか揺れない地震

7/16深夜地震がありました。 新潟中越沖地震の余震かと思ったら、京都府沖の地震。
この地震、京都府周辺や西日本では震度3以上の揺れが観測されず、太平洋岸北海道十勝から茨城までの太平洋沿岸各地で震度3程度揺れ、最も離れた北海道で震度4が観測されました。

地震の内容は、23:18 京都府沖(N36.8,E135.2)が震源、深さ370km、マグニチュード6.6の地震でした。

震源付近が揺れず、もっとも遠い北海道が最大震度を記録する地震がある事を初めて知りました。
プレートの構造上の影響なのでしょうか?

新潟中越沖地震と同じユーラシアプレートの日本海沿岸沖での地震だけに、その関連性が気になります。

>7/17追記
 この現象についてTVで解説していましたので、補足します。
京都府沖の地震は、深さ370kmと深いところで発生しており、ユーラシアプレートの下に潜り込んでいる太平洋プレートを伝わって地震動が伝搬し、太平洋プレートの出口に近い太平洋沿岸のみで有感地震が発生したという訳のようです。

また、新潟県中越沖地震との関連性については、平面距離は近いものの深さがかなり深い事から、関連性はないと気象庁は見解を出しています。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/15784688

この記事へのトラックバック一覧です: 震源から離れたところしか揺れない地震:

コメント

コメントを書く