« 神戸の教訓 | トップページ | 津波と教訓の伝承 »

July 14, 2007

各地で大雨の恐れ

梅雨の間九州南部は豪雨が続き多くの被害が出ましたが、台風4号の接近により北海道を除く全域で大雨の恐れがあるそうです。

 せっかくの連休がひどい雨になりそうですが、今シーズンも多くの集中豪雨がありそうです、この機会に豪雨対策を家族で話し合いましょう。

 最近は大地震よりも水害のほうが、「すぐそこにある危機」と感じられる方も多いのではないでしょうか。
地球温暖化対策が叫ばれるせいもあり、行政も水害のほうが、より切迫した危機と感じているようです。

 実際土砂災害は増えています。過去は大丈夫だったからという考えは捨てましょう。
発生件数(死者行方不明者数)の推移をみると
 H13年 509(4) →H14年 539(4) →H15年 897(23) →H16年 2,537(62) →H17年 814(30) →H18年 1,441(25)
となっています。(国土交通省 最近の土砂災害発生状況

 
1)事前対策
 天気が良い日に、雨どいや側溝などの掃除をしましょう。
 東京都では、1時間に50mmの雨に対応するように作られています。
 側溝などが詰まっていれば、当然十分な能力を発揮できず道路にあふれる恐れがありますから、日頃から掃除を心がけましょう。
  
 2)豪雨になりそうだったら情報収集
  台風の時はもちろん、最近は局所的な豪雨になる事が多いですね。
  まめに情報収集をしましょう。

  最近はネットでの情報提供が充実しています。
  rescuenow@niftyでは、ガジェットやブログパーツを提供していますので、デスクトップに配置しておくと便利です。

  首都圏の方へのオススメは、
  東京アメッシュ・・・10分毎の降雨状況が判ります。最近リニューアルし、対象範囲が広がりました。
  東京・神奈川・千葉・埼玉の全域と静岡、山梨、長野、群馬、茨木の一部まで表示されるようになりました。
(携帯版もあります)

土砂災害発生予測支援システム(防災科学研究所)・・・MPレーダによる降雨情報の他、土砂災害の危険度評価や、場所を指定して過去24時間の雨量グラフを表示するなど、多彩な機能を提供しています。

 全国レベルでは、国土交通省が土砂災害警戒情報のサイトを運営しています。
日本地図をクリックすると、管轄のサイトを開きます。

 最近では自治体で防災メールニュースを提供しているところも増えていますのでぜひ利用しましょう。
 私も東京と実家の福岡のメールニュースを登録しています。(先ほど福岡も12時間後暴風雨圏に入るとメールが届きました。)

3)豪雨になりそうだったら
 水害はほんの10分~20分で床下浸水に進展する恐れがあります。
 避難が必要なら、早め早めに行動しましょう。

雨が足首より上が浸かるつらい降って(溜まって)いたら、長靴はかえって危険な場合があります。
 長靴上部から水が入ると、動きにくくなりますので、スニーカ等浅い靴のほうが動きやすいそうです。

  浸水しそうな場合は、土嚢を用意すると良いのですが、一般家庭では大変ですね。
 最近は吸水ポリマー入りの水嚢もあり、置いておけば勝手に水を吸収して膨らんでくれるものもあります。
 またブルーシートやポリ袋やプランターを使った応急対策の方法もあります。
 過去記事「集中豪雨対策」で紹介しましたので、興味のある方はご覧ください。

そして、停電・断水なども考えられますので、水・食糧の備蓄も大切ですね。ここは地震対策と同じです。


水害は地震以上に身近な災害です。 知識・情報・応急処置など、きっちり備えましょう。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/15748641

この記事へのトラックバック一覧です: 各地で大雨の恐れ:

コメント

台風が来て、宮崎県かどこかの駅で駅員が裸足になってコンコースの水を書き出している映像がニュースで流れました。足首以上に水が来たことを報道としては半ば面白おかしく伝えていましたが、「なぜ公共施設なのに職員人数分の長靴の一つくらい常備していないのか」という疑問が残りました。

あと、わが家に関していうと、カンパンやクラッカーなどの「最後の手段」に近い食料備蓄はあるものの、「そこまでひどくはないときの備蓄」が弱いことが浮き彫りになりました。三日間買物に行かなくても三食×人数(とくに休日の場合、勤め人も自宅にいるわけですから)フツーの食事ができるだけの準備が必要ですね。食料も、最後の最後の手段のような固形ハチミツから、カンパンクラス、レトルト雑炊クラス、カップ麺、冷凍食品、既製品惣菜など、場面としておかしくないものをそれぞれ確保しておく必要がありますねー。とくに今日は、食塩を買うことを主目的に、風雨が強くなるなか買物にいきました。10年前にフィルムケースに詰めた食塩はあったのですが、舐めてみて味が奇怪しいと不評だったので。ついに使う時が来たかと思っていましたが、この機会に中身を入れ換えます。

そしてクルマの乗り降りに適した自動折り畳み傘も準備しようと感じました。

投稿者: 過度のうどん (Jul 14, 2007 7:18:10 PM)

過度のうどんさん、おひさしぶりです。

宮崎県は台風が多いですから、裸足で水をかき出すのもノウハウのひとつなのかもしれませんね。

その宮崎でも観測史上の記録更新があったようですね。

非常食よりも備蓄食、同感です。
新型インフルエンザが流行したような場合も、台風以上に外出は減らしたい状況になりますからね。

なるべく他の材料が要らない完結した食べ物を揃えると良いと思っています。
麻婆春雨なんかイイですね。

 我が家は3日くらい大丈夫だと思います。
荷物持ちでスーパーに行くと暇なので、良い物はないか探しています。

私も自動開閉の折り畳み傘あると良いなと思い、先日1円オークションに入札しましたが、敗退しました。
豪雨対策に車にはポンチョを入れています。
かぶるだけなので、乗り降りの際の着脱が楽です。

投稿者: isana (Jul 14, 2007 9:32:28 PM)

コメントを書く