« 愛犬のための災害対策 | トップページ | 消防庁 Web版防災マニュアル提供 »

August 25, 2007

災害時のペット対応指針

前回の記事で、ペットの災害対策の指針が必要だという話を書きましたが、8/24に日本獣医師会が「災害時のペット対応指針」を公表したとのニュースを見つけました。

 なお、今のところ日本獣医師会のサイトには、この内容については掲載されていません。

 ニュースによると、2005年の改正動物愛護管理法は、都道府県に対し、災害時の動物対策を取り組むことを義務付けたが、未だ未整備の自治体が多いようです。

 この指針では、「地域の獣医師会と行政が協定を締結する」「救護や飼育に必要な施設の設置場所を想定する」といった内容になっているようです。

 ちなみに東京都では、練馬区や板橋区が獣医師会と既に協定を結び、餌や薬品の備蓄を含めて対応済みのようです。

 大変すばらしい事とは思いますが、限られた防災予算の中で、行政がペットの餌や薬品を備蓄する優先度が高いのかどうかは少し疑問に感じます。

 この二つの区は、都内でも火災延焼の危険性の高いところですから、人命尊重・公共の利益の観点では、延焼防止対策のほうが優先度が高いのではないでしょうか?

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/16232033

この記事へのトラックバック一覧です: 災害時のペット対応指針:

» 【地震】植物生体電位観測の斉藤さんからのメール【転載】 [散策から]
先日、植物生体電位観測(環境防災研究会)の斉藤さんから、下記メーリングリストをいただきました。何かご協力できないかと、ブログへの転載を申し出ましたところ許可をいただいたので、転載させていただきます。いただいたメールでは、観測装置が雷に弱く、落雷のたびに壊れて、保守費に食われてしまい、新設がままならない状態とのことでした。興味がありそうなかたにはトラックバックさせていただくかもしれません。ご関心が無ければ削除してください。... 続きを読む

受信: Aug 30, 2007 7:16:33 AM

コメント

コメントを書く