« 単三充電池で携帯&USBを充電 | トップページ | Risconで見つけた新防災グッズ »

October 18, 2007

危機管理産業展2007

「危機管理産業展2007」に行ってきました。 ビックサイトで19日金曜日までの開催です。
出展内容は多彩で、レスキューなどが使う特殊装備から防災用品、避難所用品などハードウェアと災害対応システムやセキュリティ関連のIT関連まで、年々幅が広がっているのを感じます。

 以前はテロ対策機器なども展示があったのですが、今年から事前登録制で審査まである様子で、見る事はできませんでした。 ドラマ「24」の世界を垣間見るようで、ちょっと楽しみだったんですが・・・

 やはり、10/1から一般公開された緊急地震速報関連の出展が目立ちました。
IT系では、自治体や企業の災害対策本部が使うような、災害情報収集システムやシミュレーションシステム系など、大型薄型ディスプレイを使ったシステムが多かったように感じます。
BCP関連システム、コンサルティングも増えたように思います。

 このブログで過去にご紹介したグッズやシステムもいくつも展示されていました。

 とりあえず今日は、これから行く方のためのお得情報を・・
 
 昨年、アラミド繊維を使った手袋が安かったので帰りに買おうと思っていて買い忘れていたのですが、今年も売っていたので買いました。
 「Fire Compat KZ-250SIL」 定価5千円以上のものが、なんと700円! ただし型落ち商品です。
 他の現行商品も半額程度だったと思います。

 こういった消防士も使うような高性能手袋、安く買えるならひとつあると安心です。

行政の配っている防災関連の小冊子が手に入ります。 手元にあると便利です。

内閣府「1日前プロジェクト報告書」 これは、以前ご紹介しました。Webでも見れます。
警視庁「地震のときはこうしよう」 
東京都「私たちの東京を地震から守ろう」 以前あった(ご紹介した)「防災のしおり」の最新版のようです。
風水害対策にも触れ、さらに内容が良くなったと思います。
「東京都国民保護計画」「テロや武力攻撃から身を守るために」 行政の対応計画の他、化学剤や生物剤がまかれた時の留意点なども紹介されています。
消防科学総合センター「地震に自信を」日本語の他、英語、ハングル、北京語、ポルトガル語で注意が書かれています。

 こういった資料は、普段は入手しにくいので、この機会に手に入れると参考になるのではないでしょうか。

 イベント関連では、「ペトリオットシステム」「災害対応巡視船 いず」、消防庁「特殊災害対策車」などが見れます。

 シンポジウム「災害時の安全確保と事業継続」も聴講しました。

 今後、数回に分けて展示会・シンポジウムの内容もご紹介したいと思います。

 
 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/16792264

この記事へのトラックバック一覧です: 危機管理産業展2007:

» この本は、おもしろい。かなり。まだ途中だけど。科学者らしからぬ流れるような文章にも感服です。ソトコトにコラムを書いているようで、その文章も好きです。理系の人だったら完璧に読めますね。これは、生物って一体全体何なのよ!?ってのを福岡さんなりに決め... [生物と無生物のあいだ���福岡伸一���から]
この本は、おもしろい。かなり。まだ途中だけど。科学者らしからぬ流れるような文章にも感服です。ソトコトにコラムを書いているようで、その文章も好きです。理系の人だったら完璧に読めますね。これは、生物って一体全体何なのよ!?ってのを福岡さんなりに決め... 続きを読む

受信: Oct 18, 2007 2:21:16 AM

» 非常食・保存食 [非常食をおいしく楽しく蓄えよう!!から]
非常食・保存食の蓄えは十分でしょうか?備えあれば憂いなし!!とはよく言ったものです。昨今、災害時など緊急の場合に備えることは必要になっています。地震や台風に被災した場合国に頼ってばかりではいけない時代です。非常食・保存食を自分で蓄え、緊急時に対応ができるようにする必要があります。自ら自立をすることが大切です。最近の非常食・保存食は種類も豊富で味もおいしいものが多くなっています。最近口にしたものでおいしかったものは缶詰になっているパンです。非常食とは思えない味と食感です。まだ非...... 続きを読む

受信: Oct 18, 2007 5:29:47 PM

コメント

コメントを書く