« 地震発生確率が低くても安心できない。 | トップページ | フィルムハンドソープ »

October 28, 2007

火災用避難マスク

Hinanmask
先日、「Risconで見つけた新防災グッズ」でご紹介した、火災用避難マスクの案内が送られてきたので、ご紹介します。


商品名「サバイバルマスク」 2008年1月発売予定。
上部が透明フィルム、下部がN95規格適合のマスクで、約20分間フィルターを通して呼吸できる。
粘着テープで、目・鼻・口を蔽う形で装着する。
 説明によれば、この粘着テープが女性の化粧なども考慮したもののようだ。

大きなポケットティッシュ程度の大きさなので、ポケットやカバンに入れて持ち歩く事ができる。

 日常、本格的な防毒マスクなどを持ち歩く訳にはいかないが、この程度なら一般の人が災害に備えて持ち歩く事はできるでしょう。 

 しかし、この形状だと、めがねを掛けた人はメガネが使えそうもないですね。

 同じ目的の商品として「けむりフード」があるが、こちらはフィルターはなく、袋内の空気だけなので3分間しか持たない。  しかし、メガネでも大丈夫。

 テロ現場やビル火災の現場の映像を見ていると、避難者はみな顔を真っ黒にして避難してきています。
肺に入ったススは洗い流せない事を考えると、ちょっと恐ろしいですし、地震などではアスベストが飛散してしまう恐れがあります。 マスクの大切さを感じます。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/16901826

この記事へのトラックバック一覧です: 火災用避難マスク:

コメント

こんばんは。
鼻と口だけを覆う防煙マスクを「防災用」として売っているところも見られますが、タバコ程度の煙でも少し目に沁みただけで目を開けていられなくなります。
火災ではこのような目・鼻・口全てを覆うマスクが必要かと思います。
嵩張らずにバッグに入れておける簡易マスクはいいですね。

投稿者: tanzy (Oct 29, 2007 2:56:53 AM)

TANZYさん、こんにちは。
そうですね。煙が目にしみるのは耐え難いです。

 おそらく、携帯可能な避難マスクとしては、この形状が究極なのでしょう。

 あとは、顔への密着性や耐久時間などで、商品の差が出てくるのでしょうね。

投稿者: isana (Oct 29, 2007 2:15:49 PM)

こんにちは。
簡易マスクがポケットティッシュ程度の大きさというのは便利ですね。ただおっしゃる通り、私のようなメガネ使用者にはやや厳しそうです‥‥。当分は、携帯しているマスクと透明ポリ袋(ISANAさんに感化されて携帯するようになりましたです)でしのごうと思います。

実はつい先日、自宅前の大きな飲食店で火事騒ぎがあったばかりでした(消防車が何台も来て一時騒然となったものの、結局火の手はあがらなかったとのこと。ホッとしました)。人事ではないという思いを新たにしました。

投稿者: Zora (Oct 29, 2007 5:47:44 PM)

ZORAさん、コメントありがとうございます。
私もメガネ使用者ですので、何か手軽で良いものはないか、いつも気にしています。
 メガネ使用可の防塵ゴーグルはありますが、メガネが曇る問題なども考えると、良い答えがみつかりませんね。
いっそ、透明フィルムのテープで目張りしてしまうのが手っ取り早いのかもしれません。

 地震に限らず、火事・生物/化学兵器テロなど多くの災害で、目や口の保護は大切、基本アイテムのひとつだと思います。
 あまり防災グッズなどで紹介されていませんが、このブログでもっと広めたいと思っています。

投稿者: isana (Oct 29, 2007 7:28:54 PM)

コメントを書く