« アピールするためのライト | トップページ | 宮城県沖地震静穏期に »

November 08, 2007

iPod Touchで防災啓蒙をする

手軽にプレゼンテーシュンをするのに、iPod Touchはなかなか便利だ。
会話の中で防災の話題になる事は多いのだが、別途時間を取って話をしたり、ノートパソコンを引っ張り出してプレゼンをしたりといったところまで盛り上がる事は少ない。

 iPod Touchは、3.5インチの画面を持ち、指をスライドすると次の写真へ送れ、タッピングするとその部分が拡大表示される機能があるし、動画も簡単に再生できる。

 パワーポイントの静止画へ保存する機能を使い、スライドをJPEG形式にしてiPod Touchへしまっておくと、簡単にプレゼンができる。

 画面上でパワーポイントのスライドが十分読めるので、応接室で客と対面して話しているような時に、話題に上ったテーマでプレゼン資料を見せるという事が簡単にできる。

 ちなみにAVケーブルを使えば、TVやモニターに表示する事も可能なので、液晶プロジェクタに繋いで見せる事もできます。
 ただ、iPod Touch用のコンポジットケーブルは近日発売予定との事です。

興味を持った時に、すぐプレゼンできると、口だけで説明するよりも数倍効果があります。
ビジネスツールとしても、iPod Touchはなかなか役立ちそうです。

 無線LANの対応で、公衆無線LANを利用できる他、W-Zero3などと連携すればダイヤルアップ接続も可能ですし、ブラウザの使い勝手も良い、連絡先・スケジュールを他のソフトと連携(見るだけ!)できるなど、見るだけと割り切ればWindows Mobileよりも、はるかに軽快に使えます。

 今やスマートフォンが人気で、検討中の方も多いと思いますが、携帯+iPod Touchという選択肢もオススメです。

音楽プレーヤとしては、さほど魅力を感じていませんでしたが、マルチメディアビューワとして考えるととても優秀だと思います。

 それから、正式サポートが受けられなくなる方法ですが、フリーソフトを使ってPDFを表示できるようにする事もできるそうです。 ぜひ正式サポートして欲しい機能なのだが・・・

下の写真は、iPod Touchにパワーポイントのスライドを落として表示したところ、一部をダブルクリック(タッピング)すると、次の写真のようにその部分が拡大される。

動画(QuickTime)も添付しました。 指をスライドして写真を送る様子です。
モアレがひどい動画ですが・・・

P1010177P1010178

「P1010179.MOV」をダウンロード

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/17015702

この記事へのトラックバック一覧です: iPod Touchで防災啓蒙をする:

コメント

こんばんわ

ご無沙汰しておりました。

ほぼ毎日拝見してはいるんですが、コメントをさぼってました。

実は11/8-9で横浜・東京出張だったんです。

約3年ぶりの上京で、ボーっとして電車の中から景色を眺めていて、ふと気付いたのが「橋が多いよね」「堤防より低い土地が思っていたより多い」の2点です。
坂が意外に多いのは知ってたんですが、地震で橋が落ちたら、堤防が決壊(亀裂など)したら大変なことになるんじゃなかろうか、と思ってしまいました。
山手線の高架なんかも結構くたびれてる見たいですし・・・。

色々と考えさせられる上京でした。

投稿者: 二日酔いの猫 (Nov 10, 2007 12:35:30 AM)

二日酔いの猫さん、おひさしぶりです。
そうなんです。 東京東部(山の手線の東側)は低い土地で、江戸時代は水運が物流の主要手段でしたから川も多い。

 昔は川で今は道路の場所がいたるところにありますから、落橋だけでなく昔は川だった道路が陥没したり、液状化したりする可能性も高い。

 計画通りの救援はあまり期待できないでしょうね。

そして水害も大きな心配のひとつですね。

 もっとも大阪・名古屋も同様でしょう。

投稿者: isana (Nov 10, 2007 2:00:12 PM)

コメントを書く