« iPod Touchで防災啓蒙をする | トップページ | 発電もできる業務用エアコン »

November 14, 2007

宮城県沖地震静穏期に

宮城県沖地震の震源域では、今年初めからM5以上の地震がなく、静穏化している事を12日気象庁が発表した。
静穏期の直後には、68年M7.9 78年M7.4など大きな地震が発生したケースがあり、静穏期が明けた時に大きな地震が発生するかどうか、気になる状況だ。

 静穏期明けが、必ず大地震が発生する訳ではなく、静穏期は10年周期で繰り返している。
ただ、宮城県沖地震の周期は約40年弱の周期であり、前回の発生が78年なので来年で30年経つ。
過去の地震をみると、1835年M7.3の次が1861年M7.4で、この周期は26年となっている。

 いつ来てもおかしくない状況にあると言える。

 ちなみにウェザーニュースの緊急地震速報パソコン版の訓練モードで宮城県沖地震を想定したケースがありますが、これによると東京への到達は77秒後で葛飾区は震度3でした。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/17075931

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城県沖地震静穏期に:

コメント

コメントを書く