« 災害防衛論 | トップページ | 減災の年に »

December 29, 2007

レンガ建物の倒壊実験

12/27防災科学研究所は、実物大のレンガ造りの建物を揺らし倒壊実験を行った。
どうやら、揺れにより窓の部分からX字状に亀裂が入り倒壊するようだ。

実験内容はこちら、実験映像はまだ公開されていない。

 2003年12月26日のイラン・バム地震では、レンガ造りの住宅が倒壊し、約4万人もの命が失われました。
その後もアジア各地での大きな地震により、レンガ造りの住宅が倒壊し、多くの命が失われています。

 レンガ造りの建物が倒壊する様子を分析し、国際的な情報共有を行う事は、国際貢献としてもとても有意義で素晴らしいと思います。

ODAの予算が減っても、こういった形での貢献も有意義です。

 東大生産技術研究所の目黒研究室では、以前からレンガ造りの建物の耐震に関する研究も行っており、安価な荷造りテープ(黄色で平らな紐)を使った耐震工法を開発していた。

 また「耐震化デジタルアーカイブス」を開設し、日本や世界に向け耐震補強工法の事例を紹介している。
 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/17508769

この記事へのトラックバック一覧です: レンガ建物の倒壊実験:

コメント

コメントを書く