« レンガ建物の倒壊実験 | トップページ | 地球危機2008 »

January 01, 2008

減災の年に

あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。
昨年も多くの方々に訪問していただき、おかけさまで累計41万5千アクセスとなりました。

 気候変動などにより自然災害は年々増え、世界中で被害が出ています。
2007年被害に遭われた方々には、少しでも早く元の生活を取り戻される事を祈っております。

そして、今年も様々な災害が訪れる事でしょうが、減災の努力が実って、少しでも被害が少なくなる事を期待したいです。

 何かで読んだのですが、「地球温暖化対策でいろいろな議論がされているが、火事を発見してから、消火方法について慎重に協議しているようなものだ。」

 その通りでしょう。 「将来の影響の予測が誤っている」「原因は別のところにある」という議論は、すでに火事になっているのに、火災の原因や延焼の範囲の予測で揉めて消火活動をしないようなもの。

 手元にあるバケツの水では消火できないとしても、とりあえず手元の水をかけておけば、消防車が来て延焼を食い止められるかもしれません。

 それは地震でも同じ、しっかりした消火設備があれば良いですが、たとえバケツ一杯の水でも手元にあれば、何もないよりは被害を減らせる可能性があります。
 そして「燃えた油に水を掛けてはいけない」とか、正しい知識が必要です。

 防災でも、「正しい知識を持ち」、「できる範囲での備えをする」 これが大切です。

今年も様々な情報をお伝えし、それがみなさんの備えや気づきのきっかけになれればうれしいと考えております。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/17540931

この記事へのトラックバック一覧です: 減災の年に:

コメント

新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
ここ数年いろいろな災害があったことから,防災に対する意識が高まってきているとは思いますが,一方で減災という意識はまだまだ高くないと思います。
防災はもちろんのこと,減災についての認識を高める必要がありそうですね。
これからも,いろいろな情報をよろしくお願いします。

投稿者: おかにゃん (Jan 3, 2008 12:49:37 AM)

おかにゃんさん、あけましておめでとうございまず。
今年もよろしくお願い致します。

 減災という言葉は、なかなか普及しませんね。
ほとんど防災と同義に使われているように感じます。

 防災としての取り組みが、実は減災の取り組みだったりします。

 いずれにせよ、より多くの方に考え、実践していただきたいものです。

投稿者: isana (Jan 3, 2008 2:31:11 PM)

コメントを書く