« 花粉症用ゴーグルを買っておこう | トップページ | スケールアップを実感 »

February 18, 2008

災害情報一元化へ

総務省は、地震や台風などの災害情報を一元化するデーターベースを作る事を明らかにした。
2011年の運用開始を目指す。 

 これは報道機関向けのデータベースで、従来は各自治体が電話やFAXなどで報道機関に提供していたが、タイミングや書式がバラバラといった問題があった。
080218 Yomiuri Online

 2011年はアナログTV放送が廃止され、地デジに移行する年。
地デジのデータ放送で迅速かつ正確に情報を提供する事が狙いと思われます。

 TVだけでなく、インターネット、携帯など扱うメディアも増え、こういったデーターベースの必要性は高まっているでしょう。 自治体によってはこうした報道対応が貴重な人材を使う重荷にもなっていると思います。

 正確な情報をタイムリーに提供する仕組みづくりは国がやってしかるべきでしょう。

 ただ、ネットワークありきのシステムですから、停電やネットワークの不通といった非常時のバックアップ体制も含めて国が支援すべきだと思います。

 たしか、新潟中越地震などでも、非常用通信設備があったにも関わらず使えなかった自治体もあったと記憶しています。 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/40174263

この記事へのトラックバック一覧です: 災害情報一元化へ:

コメント

コメントを書く