« 災害情報一元化へ | トップページ | 新型インフルエンザ流行時は国際空港を制限 »

February 26, 2008

スケールアップを実感

週末は東京では春一番が吹きましたが、あまりの強風で交通機関への影響、事故が多く発生しました。
また富山では風の影響と思われる高波が発生、北海道では吹雪で10時間以上車内に閉じ込められるといった被害も出たようですね。

 ここ数年、気象現象のスケールアップを感じます。 今まで、「ひどい天気だな」程度に感じていたものがスケールアップして、突然の集中豪雨、台風、落雷、竜巻など「災害」をもたらす気象現象が頻発しています。

気象庁の長期予報では「春は暖かく、夏は暑い」そうですが、さまざまな災害が起きそうな気がします。

 「今までは大丈夫だった」という感覚を捨てて、過剰な気象の時は気象情報に注意し、悪い展開への備えが必要だと感じています。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/40270824

この記事へのトラックバック一覧です: スケールアップを実感:

コメント

コメントを書く