« 中国 四川省大地震 | トップページ | 中国大地震2 地震予知 »

May 15, 2008

中部・近畿圏被害想定

中央防災会議は、「中部・近畿圏の内陸地震に係る被害想定(経済・インフラ被害)」を発表した。
 最大の被害をもたらすと予想される、近畿 上町断層帯のM7.6の地震と中部 猿投-高浜断層帯のM7.6の地震による被害をまとめたもので、いずれも冬の昼12時 風速15m/sを想定している。

近畿・中部では、今回の直下型の他に、東海・東南海・南海地震のリスクもあり、十分な事前対策が必要だ。

 被害想定は以下の通り。 比較のため首都直下型地震の被害想定も列挙します。

1.経済被害額
  近畿 総額 約74兆円 直接被害 61兆円、間接被害 13兆円
  中部 総額 約33兆円 直接被害 25兆円、間接被害  8兆円
  首都 総額 約106兆円 直接被害 67兆円、間接被害 39兆円

2.人流・物流寸断の被害額(6か月復旧時)
  近畿 総額 約3.4兆円 直接被害 0.9兆円、間接被害 2.5兆円
  中部 総額 約3.9兆円 直接被害 1.1兆円、間接被害 2.8兆円
  首都 総額 約6.2兆円 直接被害 1.5兆円、間接被害 4.7兆円

3.中高層ビルエレベータ閉じ込め
  近畿 事務所内 10,000人 住宅内(7~8時)1,700人
  中部 事務所内 4,600人 住宅内(7~8時)1,000人
  首都 事務所内 11,000人 住宅内(8~9時)1,500人

4.避難者、帰宅困難者
  近畿 避難者 550万人 避難所生活者 360万人 帰宅困難者 200万人
  中部 避難者 250万人 避難所生活者 160万人 帰宅困難者 96万人
  首都 避難者 700万人 避難所生活者 460万人 帰宅困難者 650万人

5.インフラ被害 支障率
  近畿 上水道 36% 下水道 23% ガス 52% 電力 19% 固定電話 10%
  ※大阪府 上水道 67% 下水道 31% ガス 82% 電力 41% 固定電話 23%
  中部 上水道 38% 下水道 --% ガス --% 電力 16% 固定電話 10%
  ※愛知県 上水道 56% 下水道 21% ガス 99% 電力 24% 固定電話 14%
  首都 上水道 25.7% ガス 12.3% 電力 6.1% 固定電話 4.8%
  ※東京都 上水道 33.3% ガス 19.0% 電力 12.9% 固定電話 9.3%
 
 

 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/41211125

この記事へのトラックバック一覧です: 中部・近畿圏被害想定:

コメント

コメントを書く