« 中国大地震2 地震予知 | トップページ | 中国大地震4 様々な形の支援を »

May 16, 2008

中国大地震3 日本の援助隊

15日夜中国政府は死者数が5万人を超える可能性があると発表したようですね。
すでに72時間経過し、生存率は一桁台と思われるので当然かもしれません。

 そしてやっと日本の国際緊急援助隊を受け入れ、15日夕方北京に向けて出発しました。
一度解散しているので再召集に時間が掛ったようですね。 一度集まったのだから成田で待機していても良かったようにも思います。

 おそらく現地入りまで考えると発生から4日経ってからの活動開始となるでしょうが、成果が上がる事を期待したいです。

しかし、人民軍の救助もすごいですね。 90km以上物資を持って現地入りし、けが人も道なき道を人手で運んでいる。 

 20km以上の帰宅困難者は帰宅するのが難しいとか言っている日本人が、とても軟弱に思えてしまいます。

 日本の緊急援助隊数十名が、ファイバースコープなどのハイテク機器を駆使して効率良く探すよりも、人民解放軍が寄ってたかって瓦礫を片付けてしまうほうが早いのではないかと思ってしまいました。

 既に五万人以上投入している、中国の人力パワーの凄さを感じてしまいます。

中国の受け入れが遅いという批判があります(私もそう思います)が、もし首都直下型地震が発生した際に、中国から軍を一万人派遣すると申し入れがあった時、日本は受け入れる事ができるのでしょうか・・・ 微妙です。

おそらく発生後半日程度で、四千人の中国軍がパラシュートで降下して現地入りなんて事もできるのでしょう。

 石原都知事は米軍の支援に対して積極的な姿勢を示していますが、日本政府も大地震発生時の海外からの支援受け入れを前提に行動計画を立てて貰いたいですね。

ちなみに阪神淡路大震災の際は、発生後3日間の自衛隊派遣者数は9600名、1か月後までで最大18,600名の派遣だったそうです。

 最後に疑問に思う事をひとつ。
報道の映像を見ていると、悲しみに暮れる人々の姿は映るのですが、家族や近隣の人達を助けようと住民ががれきを除去している姿は見ません。 報道されないだけなのか、すぐにあきらめてしまっているのか・・・

 もし自分の子供が埋まっていたら、無理だと思っても探しますよね。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/41221521

この記事へのトラックバック一覧です: 中国大地震3 日本の援助隊:

» 中国を思う [hikariから]
四川大地震、死者5万人超と推計・中国政府発表  やはり凄い事になっているのだなぁ 続きを読む

受信: May 16, 2008 11:06:06 AM

コメント

おはようございます。

もう何回同じ場面を見たのでしょうか?被害の大きさに唖然とさせられると同時に、散乱するゴミ・自己欲が前面に出された場面にはもう言うことありません。
不安を炊きつけなければ進まない防災対策、それにしてもオカラ工事にはいずこの世界も汚職と利権には開いた口が塞がりませんね。

子供が学校で授業中、家族が分散された状態での被災、そうした意味でも最悪の災害に違いありません。3日間は自助7で・・・備えが無ければ言葉だけが虚しく響く、悲しみと怒りが複雑に入り組んだ感情に落ち込みました。この時間でも消えようとしている命に無力感を覚えます。それにしても防災、備えの呼びかけには反響がありませんね。

投稿者: ippo248 (May 16, 2008 6:35:16 AM)

こんにちは。今朝の中日新聞には、「1000人の生徒が生き埋めになった北川県の中学校で親が素手で瓦礫を取り除こうとしている」という説明付きの写真が一面に掲載されました。これは自社カメラマンによるもののようで、昨日までよく発表されていた通信社(外国人?)経由のものではこういう「絵」は出てきませんでしたね。撮る人によって傾向が変わってきてしまうということはあるかもしれません。首都圏では、東京新聞でも同じものが出ているかもしれません。
(中日新聞は特に好きではないのに擁護するようなコメントになってしまいました(苦笑))

あと、「日本でおきたら」のたられば試算が一杯マスコミ発表されますが、「では、どうしていくべきか」がほとんど提案されないことが気になります。耐震化・食料備蓄・衣類・雨よけなどの個人レベル・地域レベル・自治体・国ではどう取り組んでいくのか……。

投稿者: 過度のうどん (May 16, 2008 6:40:50 AM)

IPPO248さん、過度のうどんさん コメントありがとうございます。

>おから工事
工事予算の8割がわいろに消え、2割の予算で立てるからおから工事になるとか、これ程ひどいとは思いませんでした。
 防災論以前の問題ですね。

オリンピック関連建物は大丈夫らしいですが、安心して泊まれないならオリンピックに訪れる人も減るかもしれません。

>中日新聞
残念ながら新聞記事は見れませんでしたが、子を想う親の気持ちは万国共通でしょう。
 報道の仕方の問題のようですね。

日本でもこれを機に関心が高まり、行動に移す事を期待しています。

投稿者: isana (May 17, 2008 12:03:02 AM)

コメントを書く