« 木材消費で防災 | トップページ | 日本版FEMAは必要では。 »

June 06, 2008

四川の人のヴァイタリティー

以前ご紹介した産経新聞中国駐在記者 福島さんのブログに、避難所の人々の暮らしが紹介されています。
 
 日本の避難所では見られない(報じられない)ヴァイタリティーを感じます。
この人達は、きっと大災害を乗り越えて暮らしていけるだろうなと、妙な安心感を感じました。

>被災しても日常がある。生き残った人は、せめておいしいものでも食べて生き抜かねばならない。
という言葉が印象的。 前向きなたくましさ、日本人も見習わなければいけません。

 日本でも戦後を生き抜いてきたご老人方のほうが、若い世代よりもこういったたくましさを持っているのかもしれません。

 今までの震災報道とは違った視点で、とても興味深いです。 ぜひご一読を!

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/41447461

この記事へのトラックバック一覧です: 四川の人のヴァイタリティー:

コメント

コメントを書く