« 教育としてのアウトドア体験 | トップページ | 木材消費で防災 »

June 03, 2008

避難生活でのベッド

四川大地震の報道で気になった事のひとつが、雨でテントの中まで水浸しになっていた事。
前の記事のコメントでベッドをご紹介いただいたので、今回はベッドについて触れてみたい。

 テントで寝る時慣れないと辛いのは寝る環境だろう。 特に普段ベッドで快適な睡眠をとっていると、固く・冷たい地面の上の寝心地は辛い。 避難所の体育館の床の上も同様だろう。

 レジャーとしてのアウトドアでのテント利用なら、適切な場所選びができるかもしれないが、避難生活ではおそらく選択の余地はない。 四川の報道のように、水びたしといった状況もあり得る。

 私も以前から快適なアウトドアベッドはないものかと探していました。
まず候補として考えられるのが、以下のタイプのベッド。 軍関連でもこういったものが主流のようだ。
赤十字などもこういったタイプなので、一番堅牢確実なタイプなのだろう。

 こういったタイプもお店でみた事があるのだが、収納サイズが大きく、家族分用意するのはつらい。
それと私には、少し幅が足りない。
※私の目指すところの避難用具一式の基準は車の中に一式常備できている事

 あとは、以下のような折り畳みタイプ。
どうも脚がX字に折りたたむタイプは、フレームが体にあたって痛い。
このタイプは割と安く手に入る機会も多いようだ。

また、高さの低いタイプのもので、脚を取り付けるタイプのものは、寝てみたら一発で脚が外れた。
買う時は確認したほうが良いと思う。

という訳で、ベッド(コット)タイプでは、今だに気に入ったものが見つからないでいる。

あとは、ハンモック系。 本体はコンパクトになるのだが、自立できる台座付きだと結構かさばりそうだ。

そして、エアマット系。 厚みが20cm程度のものであれば、濡れた状況でも大丈夫だろう。
現状は、こういった類がベストなのかもしれない。
 エアマットはポンプも必要。できればバッテリー駆動可能なものが良い。


 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/41415576

この記事へのトラックバック一覧です: 避難生活でのベッド:

コメント

isanaさん こんばんわ

高校生の頃払い下げ品で手に入れたGIコットを今も使っていますが、木製フレームなんでメチャ重ですが堅牢で安定性は十分です。
http://www.kaisoku.org/mart_m/cot/vcot.html
http://www.snowpeak.co.jp/catalog/spo/html/sleepingbag/cot.htm
こんなのもありますが、こればっかしは好みがあるので一概にどれが良いのか判りません。

エアベットはポンプ内蔵式などもあり、バリエーションも豊富で安くて良いのですが、注意点は一人で寝ることです。
複数で就寝すると寝返りなどの振動が全体に伝わるんで船酔いみたいになり、安眠出来なくなりますよ。

投稿者: 二日酔いの猫 (Jun 3, 2008 10:21:12 PM)

二日酔いの猫さん、コメントありがとうございます。
木製GIコット、赤十字で一度組み立てた事があります。
いかにも軍用、実用的な造りですね。
一生物でしょうね。

ご紹介いただいた商品では、スノーピークの商品が気になっているのですが、ぜひ商品を見てみたいと思っています。

>振動が全体に伝わるんで・・
それ判ります。相手のいびきがうるさい時は振動攻撃で静かにさせたりして・・・

心身共に疲れた時に使うものですから、こだわって良いものを探したいと思います。

投稿者: isana (Jun 4, 2008 3:31:24 PM)

コメントを書く