« June 2008 | トップページ | August 2008 »

July 29, 2008

水の事故に備えて

28日神戸市灘区都賀川では急に川が増水し、何人もの人が流され、死者も数名出たようです。
TVで定点カメラのとらえた増水の瞬間の映像を流していましたが、まるで津波が襲ったように一瞬にして増水する様子に驚きました。

また金沢でも豪雨の影響で川が氾濫・浸水といった被害が出ているようです。

 そして暑いこの時期、海や川に涼を求めて出かける人も多く、水にまつわる事故や災害の危険が身近な季節です。

 先日、某番組でリバーレスキューを紹介していたのですが、元オリンピック水泳選手でさえ流されてしまう様子は驚きました。
 水泳の技量よりも、川の特性を知り、流れを見極める事が大切なようです。

 とは言っても、行楽で初めて訪れる川などで、素人がそれを見分けるのは難しいし、リバーレスキューも簡単に体得できるものではないようです。

 この番組で紹介していた内容で、覚えておきたい方法が二つありました。

1)リック、バックパックを背負っていると救命胴衣代わりになる。
 子供でも大人でも、バックパックのようなものを背負っていると、バックの中の空気で頭が水上に出て助かる可能性が高まる。 
 もちろん、救命胴衣代わりになる訳ではなく、ないよりもあったほうが安全性が高まるという話です。

 いつ何があるか判りませんから、水辺で子供を遊ばせる時は何か背負わせておいたほうが良さそうです。

2)ロープなどを投げる時は、ペットボトルを浮き代わりに付けて投げる。
 写真のようなレスキュー用のスローロープがあると良いのですが、無ければペットボトルを端に縛り付けて投げると良いそうです。 まあ、10m以上のロープを持っている方も少ないと思いますが・・・
 水辺の遊びが趣味の方は、スローロープを持っていると安心ですね。

 それから、ロープを使ったレスキューで危険なのが救助者がロープに引っ張られて、水に引き込まれてしまう事。 助ける時は、しっかりした安全確保が重要です。

実は、私も昔カヤックでスキンダイビングをしていた時にカヤックが転覆して「溺れるかも」と思った経験があります。 船上から投げ出されてしまった道具類を流されないように全部つかんだのが敗因だったのですが、「ヤバイ!」と思って、一度水の中に潜って冷静になって行動できて事なきを得ました。

 やはりトラブル時は、冷静になる事が大切。  私の場合は、一度潜ってしまったら不思議と冷静になって、戻る手順を考える事ができました。

 水の事故、くれぐれもお気を付けください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

July 24, 2008

地震対策で被害の差が出た

24日の岩手県沿岸北部、大きな被害も出ていないようで、安心しました。
 地震対策の有無で被害に差が出たという記事を見ました。

 ’94年の「三陸はるか沖地震」で危険を体験し、家具転倒防止対策を取っていた処は、ほとんど被害がなかった。 
 地震被害で必ず報道されるのが、酒屋の酒が散乱している風景だが、酒瓶の棚に柵を設けていた酒屋では、酒瓶が倒れたものの、床に落ちたのはわずかだったようだ。

(以上。7/24Asahi.com

 改めて、地震対策の大切さを感じます。

 以前から感じていたのですが、地震報道では被害の悲惨さを訴える報道が多いですが、今回の記事のように、備えをしていて被害を免れた人、備えをせずに被害を被った人の対比を、積極的に紹介すべきではないかと思います。

 つっぱり棒タイプの家具転倒防止器具を付けていても、取り付け方が悪いために役に立たなかったとか、お金をかけずに家具転倒防止策を行っていて、十分効果があったとか。

 最近地震が多く防災対策の機運も高まっていると思いますが、普段私たちが目にするのは商品紹介としてのレポートが多く、「阪神淡路大震災と同じ地震はでも大丈夫!」といった内容です。

 本当に知りたいのは、実際の地震でどれだけ効果があったかという事。
実際の地震で、対策ありとなしの場合の対比が紹介されれば、対策する家庭も増えるのではないでしょうか?

ただし、あくまでその地震ではどうだったという事例に過ぎず、地震波の特徴や地盤など場所の特性により、公平な評価とはならないでしょう。 
 あくまで具体的な事例として、積極的に報道していただきたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

July 23, 2008

新型インフルエンザ行動計画改定へ

政府は新型インフルエンザのバンデミックに備えた「行動計画」を今年度中に改定する。
国内備蓄薬の上澄みや国や地方自治体の危機管理体制の強化に向けた法整備が、改正の柱のようだ。

タミフル備蓄は2500万人分が目標だが、すでに2800万人分確保済み。
(以上、7/22 日経朝刊)

 改正は結構な事ではあるが、対応が遅いように思える。
全体の被害想定が甘いし、行政の末端まで実行可能なレベルまで落としきれていない印象を受ける。
新型インフルエンザのバンデミック発生の際は、地震以上に時間との勝負であり、外部からの支援も期待できないのだから、国家安全保障にかかわる問題として捉え、強い権限を持ったタイムリーに行動可能な行動計画と必要な法整備を行って欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

July 20, 2008

高出力になったLED

最近になって高輝度LEDを使った商品が増えている。 マグライト3D用のLEDコンバージョンキットを購入したのでレビューを紹介します。

 購入したのは、TerraLUX MaxStar3 3watt LED Unit(3D/3C用) 
ラクシオンの3ワットLEDバルブを搭載した3D/3C用のキットで、標準バルブを留め金を外して差し込んで使います。 フォーカスの調整も可能。
商品紹介ページには、最大80ルーメンで15時間以上の照射が可能と書かれているが、商品のパッケージには140Lumen LEDとの表示がある。 
 また商品説明では標準のクリプトン球の2倍以上のバッテリー持続時間とあるが、商品のパッケージには6倍と書かれている。

 さて使用感だが、明るい!! 屋外で100m先のビルの壁が白く照らせた。 夜空にビームが見える。
また、とても均質な光で見やすい。 標準バルブは結構ムラがあり、見にくかった。

価格がマグライト3Dが買える程だが、その性能は魅力的だ。

 また、マグライト自体もLED化商品が増えており、LEDの3Dで3wattの商品も出ている。

 私はマグライト 3Dはサイズや持続時間など手頃で防災用にぴったりなライトだと思っている。

 また、4-6セル用では500ルーメンのLEDキットも発売されている。5wattのバルブ3個というからスゴイ。
一度見てみたいものだ。 価格は15000円。 まあ、シュアファイヤーなどの高性能ライトと比べれば安いのだが・・
 そのうちポイントが貯まったら買ってみたい。


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

耐震ジェルマット、3年後の状況

我が家では冷蔵庫を買い替える事になり、キッチンのレイアウト変更をしたのだが、カウンターや冷蔵庫を耐震ジエルマットで固定しているために、結構大変だった。
 
 と同時に、これなら地震で動くことはなさそうと安心感をもった。

 固定しているものが、重量物の場合はかなりしっかりくっついています。
真上に上げればうまく取れますが、横には動かない。

 移動する時は、真上に上げて、何かを挟んでから耐震ジェルマットを剥がすと良いようです。

 我が家で耐震マットを付けたのが、2005年ですから3年経ちましたが、粘着力は衰えていませんでした。
また、かなり汚れていましたが水で洗ったら、きれいになり、粘着力も問題ないようです。


 ちなみに我が家で使っているのは、Pro7です。


[過去記事]
設置時のレポート 「家具転倒防止やりました
製品比較 耐震マット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

July 17, 2008

断熱塗装や太陽光発電に助成金

前回「家庭でできる集中豪雨う防止とエコ」でご紹介した断熱塗装や太陽光発電など地球温暖化防止設備導入に対しての助成金制度のある自治体があった。 東京都墨田区だ。

 助成対象は、遮熱断熱塗装、建築物断熱リフォーム、太陽光発電システム、太陽熱温水器、CO2冷媒ヒートポンプ給湯器、潜熱回収型給湯機で、すべて既築の戸建事業所と分譲集合住宅。 太陽光発電と太陽熱温水器については、新築も対象となる。

 助成額は、経費の1~3割程度。

 墨田区は、住宅密集地や中小企業が多い区で、今までも雨水貯水槽の設置などにも助成金を出しており、防災や環境対策に積極的な区という印象を私は持っている。

助成金の紹介のページは、区のサイトないのこちら

 他の自治体でもこういった制度が充実することを期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

July 16, 2008

家庭でできる集中豪雨防止とエコ

毎日暑いですね。 暑い時都市部で気になるのが、突然の集中豪雨。
地球温暖化の影響もあるのでしょうが、ヒートアイランド現象の影響も大きいようです。

 地球温暖化と違い、ヒートアイランド現象は都市部の発熱が直接気象に影響するものですから、対策の効果も表れやすいと言えます。

 代表的な熱源は、エアコンの排気と車の排気とビルの蓄熱でしょう。
車の排気については、ガソリン高で渋滞も減少傾向にあるそうですし、エコカーの普及にも拍車をかけているようで、今年は効果が期待できるかもしれません。

 ビルの蓄熱については、最近は遮熱塗料も一般化してきてTVCMも放映されていますね。
遮熱塗料を使うと、表面温度で最大15度も温度差が出るとか。 

 ※遮熱塗料の説明は、アサヒペンのサイトで紹介されています。 

建物の蓄熱が減れば、その分エアコンで冷やす必要も減り、電気消費量も減るはずで、都市全体で考えればその効果は大きいのではないでしょうか?

 ビルの遮熱塗装化や屋上緑化などに補助金を出しても良いのではないかと思います。

 また、個人の家庭でも夜の寝苦しさの大きな原因が建物の蓄熱のようですから、遮熱塗料で塗り直しても電気代の軽減で元がとれるかもしれません。
 
 また、日本には「打ち水」という文化があり、今年も「打ち水大作戦2008」が7/22~8/23の間行われます。

 我が家でも、昨年はベランダに風呂の残り湯を撒いてみたのですが、あっという間にコンクリート面が乾いていました。

 最近知ったのが、「保水タイル」の存在。 工事不要でベランダに敷くだけで手軽に使えるようです。
その効果は大きいようで、メーカーの実験によるとウッドデッキでの打ち水では低温を維持できるのはホンの1時間弱で、朝打ち水しても昼過ぎの床面温度は60度。
 これに対し、保水タイルを使うと低温が2時間持続し、最高温度も12度低い51度だったそうです。

※TOTO 「バーセア MT'シリーズ
 
 都市部の地面はアスファルトで覆われ、保水機能がなくなっているため熱くなりヒートアイランドの一因になり、雨が降ればすべて下水に一斉に流れて浸水の原因となる。

 都市の保水機能が高まれば、水害の防止とヒートアイランドの防止になり、エアコンの消費を抑える事ができるはずです。
 
 遮熱塗料や保水タイルなど手軽に導入できる環境になりました、市民レベルでの取組が進む事を期待します。

TOTO バーセア MTシリーズ

アサヒペン 水生屋上防水遮熱塗料 3L

| | コメント (0) | トラックバック (1)

July 10, 2008

半日前に正確な地震予測ができるかも

米国で地震予測の精度が改善される可能性のある分析手法が発表されたようだ。
科学誌「ネイチャー」に発表されたもので、今まで地震波(S波)の速度が地震を発生する力に関連する事は判っていたが、精密な地震は速度の測定ができる方法がなかったが、今回正確に測定できる大気圧による地震波と観測された地震波を比較する事により、本震の発生する数時間前にその兆候をとらえる事ができたようだ。
(以上。元ネタはAFPBB news

 まだまだこれから本格的な研究が必要なようだが、地中の破壊活動の結果である地震波から予測する方法だけに、期待度は高いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

July 06, 2008

義捐金は役にたっているのか?

産経新聞の福島さんのブログに、四川大地震の支援物資や義捐金に関する汚職の話が紹介されている。
中国政府に寄せられる物資・義捐金に関する違法使用のタレコミが千件以上あるそうだ。
(この記事はこちら

 テントを身内に優先的に配布したり、義捐金で私腹を肥やすような行為が横行しているようだ。
怪しげな義捐金募集は多いが、赤十字だけは大丈夫だろうと思っていたのだが、赤十字経由の支援でも不正が行われているらしく、ちょっとショックだった。

 また、この記事では震災汚職に関する告発文のチェーンメールが日本語訳の引用で紹介されている。
普段チェーンメールなど信じないのだが、この内容は現地の生の声が伝わってくる気がした。

 わいろにお金が掛って、簡単に壊れる学校を建築するなど、中国の汚職のひどさには驚かされる。
四川大地震を機に大きな変化が起きる局面に来ているのではないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑われそうなJ-Alertのミス

6/30に福井県美浜町全域に「ミサイル着弾」という内容の緊急警報がJ-Alertから放送された。
原因は修理時の作業漏れと警報の選択ミスだったようだ。
(以上。日経ITPro

 安全保障に関わるような警報システムでこんな単純なミスが起きるなど、欧米から見たら笑われるのではないだろうか?

 J-Alertは、総務省消防庁の運営する「全国瞬時警報システム」で、津波・地震・弾道ミサイルなどの危機が発生した際に、無人で防災無線などから警報を鳴らす事のできるシステム。

 私も注目し、以前このブログでもご紹介していた。 ただあまり世の中では話題にならず、ご存じない方も多いと思う。

 今回の事件では、職員が誤動作に気づき10分後に訂正の放送を流したようだ。

それにしても、誤報が流れた事も情けないが、放送があっても誰も避難行動もせず、真に受けた人がいない事も問題。 
 これでは本当の警報があっても意味がない。
 北朝鮮からのミサイルなら10分もあれば着弾しているだろうから何の行動も取らないまま被害にあっていただろう。

 確か韓国などでは、ミサイル攻撃に備えて一般市民を巻き込んだ非常訓練が行われていて、放送があれば地下街にすぐ避難していた。

J-Alertの運用上の問題もさることながら、危機感・緊張感のなさのほうが根深い問題のように思える。
 日本の行政も国民も「平和ボケ」と言われても仕方ないだろう。

最新のすばらしいシステムでも宝のもちぐされにならないよう、国民への啓発が必要だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

July 04, 2008

岩手・宮城内陸地震 前兆現象

岩手・宮城内陸地震を起こした断層近くの温泉で、前日朝に湯量が通常の1.5倍になる現象があったようだ。
また別の温泉では、約1か月前から湯音が上がり始め、1週間前には湯の色にも変化があったようだ。

 「地震の前に岩盤にひび割れができ、より深い層の熱水が源水に流れ込んだ可能性がある」と見られ、東北大学では、今後断層そばの各温泉を調査を進める。
(以上。7/3 asahi.com
 
 地震の前兆現象として、温泉や地下水に変化が見られるというのは、いかにも因果関係がありそうである。
ぜひ詳しく調べ研究を進めていただきたい。

 地震を予知し、被害を免れる事が理想であるが、多くの宏観異常現象が研究されているが、残念ながら未だ決め手となるものはない。

 宏観異常現象研究に力を入れている中国さえ、今回の四川大地震ではその経験が活かされず多くの犠牲を出した。

 これは私が勝手に思っているだけなのだが、中国政府は地震の前兆を知っていたが、はずれた時のリスクを恐れて避難指示を出すに至らなかったのではないか。

 世界で唯一地震予知により被害を免れた1975年海域地震がある。
農業が中心のこの時代、強い指導者が避難命令を出して避難し、もしはずれたとしても実質的な経済被害はなかっただろう。
 しかし、今は経済活動を停止し避難する事の経済的影響は大きいから、余程確信が持てなければ予知情報を元に避難命令を出す事は難しいだろう。

 科学的な予知技術の確立と政治的判断は別の話だが、科学的な予知技術の蓄積は大切だと思う。
いつか役に立つ日まで、地道に研究を重ねていただきたい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

July 01, 2008

データの災害対策2008

四川大地震、岩手・宮城内陸地震と続けて大地震が発生したために、防災用品の売上が増え、ハードディスクなどデータバックアップ関連の機器の売り上げも伸びているようだ。

 大切なコンピュータ上のデータは、さまざまな自然災害のリスクにさらされています。
地震や水害による物理的な破壊、落雷や突然の停電によるデータの焼失。さらに新型インフルエンザ流行により出社せずに仕事をしなければならないといった状況もあるだろう。

 企業向けのデータバックアップサービスは、価格もサービス内容もとても幅広い。
たしかHPのプロモーション画像で、実際にデータセンターを爆破して瞬時にバックアップシステムに切り替えるところを紹介していた。
 日本人には大袈裟に思えるかもしれないが、実際に911を経験したアメリカではとても現実的な課題のようだ。

ここでは、個人や中小規模企業が手軽にできる、自然災害からデータを守る手段を整理してみたい。
ただし、企業のオンライン系のデータは扱わず、日々発生するファイル単位でのバックアップを前提とする。

1)もっとも手軽で自然災害に対する安全性が高いのは、オンラインストレージサービス。
 インターネットを介して、必要なデータをセンターのサーバで保管してくれるのがオンラインストレージサービス。
 無料のものから有料のものまで、使い勝手も様々。 保管可能な容量は数GBが中心で100GBのサービスもある。
 運営企業のサーバ上にデータがあるから、個人や自社で同等の安全性を確保しようとすれば、かなりコストがかかるレベルのサービスを無料や低価格で利用できるのが最大の特徴。

  平常時に出先でデータを使いたいような場合にも、かなり便利なサービス。
 本来のデータストレージサービスではないが、私は日常GMailを利用してる。 無料で5GB以上の容量が使えるので、EXCELなどのファイルを修正するたびにメール添付の形で「下書き保存」しメール送信はしない。

 Googleの強力な検索機能を使えるし、ラベルを付けられるので、日常の管理もしやすいので気に入っている。

 オンラインストレージサービスについては、価格.comでサービス比較のページがあるのでご覧いただきたい。

2)やはり手元にバックアップが欲しい人向けネットワークハードディスク。
 少し前ならフロッピィディスクやMO、CD、DVDにバックアップを取っておられる方も多いだろう。
 今は、データ量も多いのでバックアップツールを使って、外付けハードディスクに保存するのが良い。
  できればLAN接続できるネットワーク型ハードディスクのほうが安全性が高い。

 ネットワーク型ならパソコンのそばに置く必要もなく、地震などに対して安全な場所に設置できる。
 水害対策として、水の届かない高い場所に置いておく事もできる。

 RAID機能のついたネットワーク型ハードディスクなら突然の停電やハードディスクの故障といったトラブルも避けられる。
 価格も最近になってかなり安くなってきており、1TBでも5万円を切る製品が出てきている。

 地震や水害で避難する時に、簡単に抱えて持ち出せる大きさであるメリットもある。

3)大切なデータは持ち歩きたい人向け、USBメモリー、SD/micro SDカード
かなり一般的になってきたUSBメモリーも、大容量低価格化が進み、最大32GBで1万円を切る製品もある。
またSD、micro SDカードは最大2GB、SDHC,microSDHCカードでも最大8GBの容量があり、5千円を切る価格になってきている。
 
 特に携帯でも一般的となったmicroSD,microSDHCカードは超小型なので、財布やキーホルダーに入れて常時持ち歩けるようになった。

 また、JIS防水保護等級7に適合した完全防水仕様のSDカードまで商品化されている。

以上、ご紹介してきたように、バックアップ手段も様々、かなり手頃な価格で実現できるものも多い。
ニーズに応じた手段を選んで、ちゃんとバックアップを取りましょう。

 バックアップについての質問や悩みがあれば、コメントで受け付け致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)