« 念のためご紹介しておきます | トップページ | 新サイト開設のお知らせ »

August 07, 2008

仮想徒歩帰宅訓練

被災時に交通機関が止まった時に備えて、帰宅歩行訓練をと言われていますが、みなさんは既に経験されているでしょうか? 全行程を歩いた方はまだまだ少ないと思います。
 
 そんな方のために、仮想帰宅訓練をされてはいかがでしょうか? 夏休みの暇な時にでも・・・
 Google Mapsでは、日本でも「ストリートビュー」という機能の提供を始めました。
Googleの360度カメラを搭載した車が走り回って撮影した写真が見れるのですが、ご自分の徒歩帰宅ルートをストリートビューで辿ってみて、帰宅支援ステーション(コンビニ)、ブロック塀などの危険箇所、医療機関など写真で確認されてはいかがでしょうか?

 またご家族で、待ち合わせ場所となる避難場所や給水拠点、危険個所を確認するといった使い方もできそうです。
ガソリン高騰につき、今年は家でのんびり派の方には、ぴったりかもしれません。

もちろん、歩いてみるに越した事はありません。 私は自転車で走ってみる事をお勧めします。
今は暑い季節ですし、熱中症の危険もありますから、その点はお気を付けください。

ストリートビュー機能の提供、プライバシーの問題など議論もあるようですが、うまく活用したいですね。

ちなみに、昭文社の「震災時帰宅支援マップ」で、「ガラス注意」という記載のある場所を見てみました。
Streetview1
 たしかに、ガラスが危険そうですが、こんなビル今はいくらでもありそうな気もします。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/42092791

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想徒歩帰宅訓練:

コメント

おはようございます。
もう、おはようでいいかな?

暑いですね。
コメントの少なさに!関心事は五輪でしょうか?
徒歩帰宅訓練、次は携帯を使わずに各々の学校・自宅・勤務先から用意ドン!巧く落ち合う事は可能でしょうか?

それが出来たら実装避難訓練、近距離でも欲の深さと選択の難しさを実感できるでしょうね。

投稿者: ippo248 (Aug 10, 2008 4:27:42 AM)

コメントを書く