« リケンの教訓は、BCP策定に参考になる | トップページ | 荒川洪水で1週間以上浸水、死者最大2100人 »

September 07, 2008

地面に接していなければ揺れないという発想-Air免振

さまざまな免振システムがありますが、見えないところで揺れの影響が出ているのではないかと不安もあります。
 地震が来たらホバークラフトのように家を浮かせてしまい、地震の揺れを受けないようにしようという発想の免振工法があります。

 その名も、「AIR免振」。

地震が発生した瞬間に、圧縮空気で家を約24cm浮上させ、加速度を1/20に減衰するとか。
費用は350万円程度。

 実にユニークな発想の免振工法ですね。
たしかに、浮かせてしまえば振動周波数とかも関係ないし、揺れのストレスによって影響が残る事も考えにくいです。
 
 ついでに浸水被害の時は、家ごと浮いてくれると良いのですが・・・
まあ、配管・配線などの問題で無理でしょうけど。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/42401266

この記事へのトラックバック一覧です: 地面に接していなければ揺れないという発想-Air免振:

コメント

地震で揺れたら飛び上がっていればいい!こんな発想あるんですね!

問題点は我良かれ主義では通用しないことでしょうね。全く無傷で残ればやっかみ、ねたみ、加えて近所の避難所になるでしょう。率先して協力的に考えれば別ですが・・・
崖崩れ、断層、等地盤の変化にも対応出来ないとお聞きしました。どう対処してもライフラインはそのお宅だけ蚊帳の外という訳にはいかないでしょう。やっぱりご近所の助け合いあってこその防災ですね。

投稿者: ippo248 (Sep 8, 2008 4:38:46 AM)

IPPO248さん、こんにちは。
やっかみ、にたみ等あるにしても、それを見て建て替える時は免振にしようという人が増えればそれで良いと思います。

 ライフラインの断絶は仕方ないですが、燃料電池やバイオトイレなど組み合わせれば、個人でも対応可能な時代になりましたね。

投稿者: isana (Sep 8, 2008 6:25:07 PM)

もしも自分の家についていたら、おもしろそうなのでときどき家を浮かせて宙に浮いているのを楽しんでみたいですね。家ごとふらふらどこかにとんできてたり、ホバークラフトみたいな感じで。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ホバークラフト

http://www.airmenshin.com/airmenshin-system.html
車もいらないし、会社に着くぎりぎりまでゆっくりできそう。

投稿者: NANA (Oct 18, 2008 10:50:15 PM)

NANAさん、コメントありがとうございます。
この免振システム、先日「ジキルとハイド」で紹介していて、映像を見ることができました。

 結構動作が早いのに驚きました。
基礎と接していない訳ですから、同じ基礎の場所へなら家ごと引っ越しもできそうですね。

投稿者: isana (Oct 21, 2008 12:28:10 AM)

コメントを書く