« 危機感が身近になった防災の日 | トップページ | 地面に接していなければ揺れないという発想-Air免振 »

September 05, 2008

リケンの教訓は、BCP策定に参考になる

新潟中越沖地震で被害にあった、リケンの被災と復旧の状況が、「SAFETY JAPAN」で公開されている。
 国内最大のサプライチェーンである自動車産業の一翼を担う企業の被災という事で話題になった企業だ。

復旧に際しては、国内自動車メーカーが積極的に支援を行い、短期間に復旧を実現している。
企業(特に製造業)のBCP策定にあたってとても参考になる記事だと思います。

 この記事を読む時に「もしBCPが策定されていたら?」を気にしながら読んだのだが、「BCP策定委員会」みたいな組織で作ったBCPがあったとしても、あまり役に立たなかったのではないかと感じた。

 工場や製品の特性を考慮し、現場を巻き込んで何度も練り上げていく、そんなBCPの作り方が必要だ。
雛型のBCPを自社流にアレンジして(スタートはそれでも良いが)、BCPが完成したと思ったら甘いと思う。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36066/42382072

この記事へのトラックバック一覧です: リケンの教訓は、BCP策定に参考になる:

コメント

コメントを書く